FC2ブログ
2019/04/23

たぶん平成最後のブログ更新。

ブログ更新めちゃくちゃ久しぶりです。
仕事は忙しいし腕の骨は折るしで大変だったんですよ!
その間に舞台PSYCHO-PASSも始まったり(好評のようでありがとうございます)、
魔法少女特殊戦あすかのBDDVDも発売されたりします。
よろしくおねがいします!


ここから先は日記です。
Twitterで書いたことをまとめていきます。

■映画・海外ドラマ関係の話題
ネットフリックス『リベンジャー 無敵の復讐心』
ものすごい。低予算アクション映画のお手本みたいな素晴らしい内容だった。
ラスボス戦が迫力満点なのはもちろん、中ボス戦の配置が上手くてダレずに楽しい。

ネトフリ『パニッシャー』シーズン2
素晴らしすぎる……。13話で『グロリア』やって『要塞警察』やって『ヒート』もやるという、ものすごく贅沢なやつです。
主演ジョン・バーンサルを吹き替えた坂詰貴之の、地獄の底から響いてくるような野太い咆哮がたまらなく好き。

DVD『皆殺しの掟』
カンフーアクションです。面白かった。かなりの低予算映画ながらも、身体能力の高い俳優さんたちが頑張っているやつ。
殴って防いで殴り返して……というワンカットの手数が多いバトルが続くので、そういうのが好きな人にオススメです。

バティスタ主演『ブッシュウィック 武装都市』
長回し好き必見の陰鬱なアクション映画。アクションにスタイリッシュさはなくリアリティと緊迫感重視。
テーマはズバリ「アメリカの分断」です。面白かった!

ネトフリのゾンビハザード韓国時代劇『キングダム』
噂になってたので観たんですが確かにこれはすごい……。
序盤から、容赦のなさ、先が気になる度合いがトップスピードです。

『VIP 修羅の獣たち』
「救いのない映画を観て嫌な気分になりたいな~、完全にアウトな正真正銘のクズの悪役を観たいな~、それでいてカッコイイシーンもあればいいな~」という気分の人にこの映画をオススメです。ちょっとキツすぎる暴力描写に度肝を抜かれました。

『アクアマン』
噂通りのとんでもないアクション映画です……!
肉弾戦ありパルクールあり特殊能力バトルもあって海底大戦争で怪獣モノの要素まであって、それだけ詰め込んで散漫な感じもしない。すごい。悪役ブラックマンタにはいつ主人公になってもいいような風格があった。

BD『サーチ』
父親が、行方不明になった娘を探す……てな感じでお話はわりとシンプルなのですが、見せ方がすごい。
すでにかなり話題になった「物語すべてがパソコンの画面上で進んでいく」というヤツ。
演出が斬新で脚本の完成度も高い。始まってから五分くらいでもう泣いてました。

『スパイダーマン:スパイダーバース』観ました。なんだこれすごい。すごい! ちょっと衝撃的な映像美。アニメ好きほど受けるショックはでかいと思うんですがいかがでしょうか。一人の少年の成長物語として脚本も素晴らしい。おおお。日本語吹き替え版で凛として時雨も聴けて大満足。

カンフー映画『イップ・マン外伝 マスターZ』
新宿武蔵野館には詠春拳の木人樁まで飾ってある気合の入れよう。
映画を観たあとは「俺の家にも一刻も早く木人樁を設置しないとヤバい!」ってな感じでどっぷりカンフーに洗脳されてしまった。
序盤ですぐに「あ! これ主人公が本当の本気を出した瞬間僕が泣くやつだ……」と気づき、そしてクライマックスで期待した通りの展開が、期待以上の熱量で大爆発して観客席で死ぬかと思った。そんな映画です。

最近仕事しながらネトフリの短編アニメシリーズ『ラブ、デス+ロボット』を観てるんですがこれとんでもないですよ。ものすごく豊富なバリエーションの「アニメ」が堪能できます。暴力描写も性愛描写も尖ってる。

少し前に『バンブルビー』観ました。いい話だったしアクションもカッコ良かった……。マイケル・ベイ大好きな僕でも、ダークサイド・ムーン以降の映画TFシリーズはちょっと擁護が難しい感じだったので、今回の監督交代は大成功だったと思います。

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』
ニコラス・ケイジ主演の復讐アクション。悪夢的というか誰かの悪夢そのもののような、おどろおどろしい映画です。主人公がいきなりものすごく変な武器を自作するのが特に面白かった。

そういえばBDが出たので『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』見返しました。理由はわかんないけど劇場で観たときより楽しかった。乾ききった空気の殺伐とした映画なんですが、ベニチオ・デル・トロが手話使うくだり、本当に情感たっぷりの良いシーンになっててあそこが一番好き。

ちょっと前に『ハロウィン』の最新作観ましたよ! 初代ハロウィンは、個人的にホラー映画のオールタイムベスト3に入るほど大好き。で、今回の新作、偉大なオリジナルの魂を完全に継承した傑作に仕上がってました。ジェイミー・リー・カーティスのカッコよさにシビれっぱなしだった。

『狂獣 欲望の海域』 レンタルで観たらあまりに面白かったので、速攻でDVDも買ってしまいました。ドラゴン×マッハやイップ・マンで爆発的にファンを増やしたマックス・チャン主演作。あの線が細い美形が、今回はノンストップ暴力刑事を演じる! カンフーアクションも物語もすごく良かったです。

映画『ハンターキラー 潜航せよ』観ました。あるとんでもない救出作戦を、潜水艦と特殊部隊両面から描くアクション映画。ドンパチがあればそれでいいや的な映画と思ってたんですが、すごく真摯なテーマを抱えた爽やかな後味。最近のジェラルド・バトラー出演作だと一番かっこいい。
大好きな潜水艦漫画の金字塔『沈黙の艦隊』で、主人公海江田が「ここから先は『人間を信じる』という最も困難な戦いだ」という感じのカッコイイセリフを言うのですが、この映画も実は同じテーマを背負っていると思います。

■読んだ本
そういえば最近忙しくて読んだ本とか全然書いてなかった。『すごく科学的 SF映画で最新科学がわかる本』『人質の経済学』『逆境だらけの人類史』『プロジェクト・オブ・スカンクワークス ロッキード・マーティン先進開発プログラムの75年』……こういった本を読んでいました。

ナオミ・オルダーマン著『パワー』読了。これ面白かった。なぜか女性だけに特殊能力が芽生え始めて、世界全体が変わりだす……というジェンダーSF小説。SFって書いちゃったけど、疑似歴史小説のようなギミックもあってひねりがきいてます。読んだあともずっと心に残りそうな一冊。

最近読んで面白かった本『感情とはそもそも何なのか 現代科学で読み解く感情のしくみと障害』 めちゃくちゃ内容難しかったけど、やっぱり知りたいじゃないですか、感情とは何か。

吉上亮著『泥の銃弾』(新潮文庫)上下巻読了しました! 都知事狙撃事件をきっかけに、男たちのクソデカい感情がこじれにこじれて血まみれの殺戮劇を招くポリティカルサスペンス。これは、まさに「今、読むべき」小説です。来年よりも「今」です。今すぐ読みましょう。すごいですよ! がっつり移民、難民のことをテーマにしていて読み応えがあったんですが、その文脈で「労働力を求めたら、やってきたのは人間だった」という引用文があってドキドキしました。そういう意味でも現在進行系の小説だと思います。

最近読んだ漫画はムルシエラゴやオトメの帝国の最新刊とか。どっちも長期連載なのに全然テンション落ちてなくてすごいなあ……と。あと嵩乃朔先生の吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん。最終巻お疲れ様でした。感動の最終回でした!

今読んでる本『DARPA秘史 世界を変えた「戦争の発明家たち」の光と闇』 DARPAとはアメリカの「国防高等研究計画局」のこと。最先端軍事技術がどうやって生まれてきたかを解説する一冊。組織内の描写も詳しく、具体的にはどんなところかあやふやな点が多かったので資料的にとても助かります。