--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/20

最近のゲーム。

洋ゲー『バトルフィールド1』のキャンペーンをクリア。
まだまだゲームでは珍しい第一次世界大戦もの。
アラビアのロレンスと一緒に戦うチャプターが一番楽しかったです。
キャンペーン、もうちょっと長くてもよかったかも。
ゲームのジャンルは違いますが、同じ第一次世界大戦モノだと、
『バリアント・ハート ザ・グレイト ウォー』のほうが個人的には好みでした。


また洋ゲーの話。
『コールオブデューティー インフィニット・ウォーフェア』
こっちのキャンペーンもクリア。
洋ゲーのストーリーモード(キャンペーン)はそんなに長くないので助かります……!
予告編みた時は「こりゃダメかも……」と思ったんですが、
実際にプレイしてみたら超面白かった!
話は、モビルスーツが出てこないガンダムといった感じ。
特殊部隊の指揮官として、残虐な火星独立軍と戦え! という。
未来のジュネーブ、休暇中の兵士たち。その頭上に浮かぶのは、ビルよりもはるかに巨大な宇宙軍の艦隊……ありえない光景なのに、まさにその場面に居合わせているかのような気分にさせてくれるのがFPS(一人称シューティング)の醍醐味です。
あと、主人公をサポートする人工知能ロボット「イーサン」のキャラクターが抜群に素晴らしい。
イーサンのセリフはすべてカッコイイし面白いです。
インターステラーのTARSやナイトライダーのKITTくらい好きなロボットになりました。
キャンペーンモードはエンドクレジットまでよくできてました。
ボタンを押すと、劇中戦死したキャラクターの遺言を聞くことができます。
「あいつ、複雑な家庭で育ったんだな……」とか
「ああ、あのひと同性の配偶者がいたのか……」としんみりして終わる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。