--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/22

『エクスペンダブルズ2』

『エクスペンダブルズ2』鑑賞しました! 凄かったー! 今年もたくさん良質なアクション映画が公開されましたが、そのなかでもやっぱりエクスペンダブルズは特別ですね。今回は「中の人」ネタが増えてお祭り感アップ。チャック・ノリスの登場シーンでは鳥肌が立ちました。なにしろブルース・リーと戦った男ですからね……。好きなチャック・ノリス作品はたくさんありますが、僕のおすすめは『野獣捜査線』でしょうか。
(『野獣捜査線』原題Code Of Silence予告編)


 チャック・ノリス・ファクト(真実)から一部抜粋。
「チャック・ノリスはなんでもできる。負けること以外は」
「チャック・ノリスはかつて手榴弾を投げ、50人を殺害した。そのあと手榴弾が爆発した」

『エクスペンダブルズ2』ドンパチやナイフや格闘戦が好きな人なら、観て絶対に損はない内容です。悪役ヴァンダムの右腕がスコット・アドキンス、という実にアクション映画ファン狙い撃ちな配役も素晴らしい(この二人はすでに共演作が何本かあるのです)。
 それにしても、今回もパンフレットのできがいいですね(ようするに映画秘宝増刊号みたいな感じなんですが)。悪の要塞秘密図解やら千葉真一インタビューやら。個人的には怒髪天増子直純×杉作J太郎のエクスペンダブルズ対談が読み応えがありました。杉作J太郎の「(チャック・ノリスのせいで)観終わったあと二日間熟睡できなかった」発言が素晴らしいです。あと、スタローンたちが乗り回している装甲車が「マッドマックスなら悪役の車」と言われているのも良かった。
 ドルフ・ラングレンの萌えキャラ化も大歓迎です。パンフレットのなかで、僕がそれなりに気に入っているドルフ・ラングレン主演作『レッド・コマンダー』に触れられているのも嬉しかった……!
 今回残念なのはジェット・リーの活躍の少なさ。
『3』ではチョウ・ユンファや真田広之出ないですかね。「アジア枠」にももっとサービスを……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。