--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/24

新刊『僕の学校の暗殺部』

 新刊『僕の学校の暗殺部』が7月30日ごろから発売となります。ファミ通文庫の公式サイトにて、ちょっとした特集を組んでいただきました。ありがとうございました!
(ファミ通文庫公式、特集ページ)
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/02sp/02_1208ansatsubu/index.html
 また、別のページで表紙画像などもチェックできます。
(ファミ通文庫公式、新刊紹介ページ)
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/08shinkan/08shinkan.html#_01

 ……とまあ、以上が宣伝なわけですが、これだけでは味気ないので、最近クリアしたゲームや読んだ本の話でも。新刊がガンアクション青春小説なので、今回の更新も銃器・銃撃戦に絡めた内容で。
 まずはゲームです。『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』
(日本語吹き替え版予告編)


 最先端科学技術を導入した、アメリカが誇る精鋭特殊部隊「ゴースト」。しかしゴーストの一分隊が、武器密輸グループを追跡中、敵の罠にかかって壊滅してしまう。仲間の仇をうち、ロシアの巨大テロ組織「レイブンズロック」を叩き潰すために、主人公たちのチームが投入される。始まりはニカラグア、そして戦場はボリビアへ、さらにザンビア、ナイジェリア、北極圏、ノルウェー海、シベリア、モスクワ……。
 物語的には引っかかることもあるにはあるんですが、テンションの高いアクションと見所の多いミリタリー描写のおかげで最後まで本当に楽しかったです。『ゴーストリコン』シリーズは、いつも「現実よりもちょっと先」の戦場を描写しようとするのが特徴でしょうか。光学迷彩で身を隠し、小型のドローンで偵察し、センサーグレネードを投げ込んで敵の位置をたしかめる……。未来の戦場には、いかにも「ありそう」なものばかりです。「ああ、こういう兵器・ロボットはできそうだなあ」と思わせてくれる。スタッフは「エンターテイメント性を損なわない、リアリティのギリギリのライン」を追求している。
 僕のお気に入りは、「マグネティック」という照準装置。磁気反応を解析して、金属を通過するような視界を与えてくれます。なんだかこう、映像として面白く仕上がっている。カスタムされた銃、最先端の照準装置、光学迷彩などがワンセットになって、一人の兵士が「人間ではなくなった」ような奇妙な感じ。ほとんど「プレデター」になった気分。
 あと、ロンドンがミサイル攻撃されるシーンが凄かったです。ロンドン上空でミサイルが炸裂し、爆風で周辺ビルの窓ガラスが一斉に割れて──それこそ何万枚という数が──破片の豪雨と化して地上に降り注ぐ。そのときの地上の混乱ぶりが、これもまた「ありそう」な感じなんです。「見たことはないけど、本当にこんなことが起きたらこうなるかも」という……。僕はこういう「ありそうでなかった」映像を見せてくれた作品には高い満足度を覚えます。成層圏からのダイビングシーンという見所も!

 次は読書。マット・リン著『無法海域掃討作戦』

 元SASの主人公スティーヴと、ギャンブル好きでお調子者の相棒オリーが傭兵として世界中で戦うシリーズの第三弾。今までで一番面白かった! 濃厚な銃器・戦闘描写を堪能しました。「水上作戦では、いざという時溺れないようにブーツに穴を開けておく」とか、本当かどうかは知りませんが細かい! あと、キャラクター同士の会話(いわゆるハリウッド映画的軽口)が凄く楽しいです。仲間の一人。元IRA技術兵のセリフ。
「実は、おれたちはぼんくらなんだ」イアンがいった。「尻の穴と肘のちがいもわかんねえ」
 で、銃器描写です。序盤から、予備の拳銃としてブラジル製のトーラス(タウルス)の名前が出てきます。トーラスの銃って、ちょっとこだわりがないと出てこないと思うんですよ。さらに、主人公が敵のAK47を奪うシーンで、「ベネズエラ製だ」という文章が。「安っぽい模造品とはわけが違う。ベネズエラ工場は、ロシアのイジェフスク機械制作工場によって建造され、何十年にもわたってこのアサルト・ライフルを製造してきた。ここのAK47は、威力、速さ、扱いやすさの麺で、旧ソ連のオリジナルに匹敵する」
 AK47が登場する小説は山ほどありますが、その生産国まで触れるものは珍しいです。
 そして、この第三弾の舞台は海。装備を整えるシーンで、仲間の一人が注文します。
「HK P‐11はないか?」
 水中銃です。H&KのモデルP11水中ピストル。長い間NATOで軍事機密とされていた銃で、いまだに詳細な性能は公表されていないとか。こういうセリフがすっと出てくるところに痺れますね……! そして水中銃といえばAPS! 旧ソ連の特殊部隊向け水中アサルト・ライフル。ストーリーに関わることなので詳しくは書きませんが、APS、印象的な使われ方をしますよ!

 トム・ウッド著『パーフェクト・ハンター』

 上下巻、一気に読んでしまいました。
 たぶんこの作家さん、スティーブン・ハンターやラドラムが大好きだと思うんですよね。
 主人公はプロの暗殺者ヴィクター。依頼にしたがってある男を殺し、フラッシュメモリーを奪う。その瞬間から、ヴィクターは狙われる側に。次から次へと殺し屋や特殊部隊に襲撃されることになる。事件の謎を解き、黒幕に反撃することはできるのか……という話なんですが、まあとにかくアクションシーンの連べ打ち。プロットはそれほど目新しくはないのに、先が読めない! 「シリコン溶液を手に塗り込むと、指紋は付着しない」といったディテールも読んで得した感がたっぷり。
 最初に主人公が使うのはFNファイブ・セブン。サプレッサーに亜音速弾。主人公はプロらしく、ちゃんとその弾丸の特性をいかした戦い方をします。
 室内戦、対スナイパー戦、カーチェイス、対ナイフ戦……アクションのパターンも豊富で盛りだくさん。主人公は基本的にコンパクトな拳銃が好きで、ベレッタ系が嫌い。そして、中盤でドラグノフも出てきます。
「ヴィクターのライフルはSVDの最新モデルの改良型で、銃床とハンドガードが、もともとの木製ではなく、軽量化のために高密度ポリマーでできていた」
 このライフルに二種類の弾薬を用意して使い分けたりします。
 作者さんもそのつもりで書いたんでしょうが、ものすごく映画化しやすそうな本です。仮に映画化するとしたら、「ジェイソン・ボーン」シリーズとの差別化をはかるために、マット・デイモンとはまったく違う方向の主演俳優がいいはず。「007」とカブるのでダニエル・クレイグもなし(それに、ダニエル・クレイグは僕の脳内妄想世界で『尋問請負人』の主演に決まっているし……)。そこで、『ブラック&ホワイト』や『ダークナイト・ライジング』で人気急上昇中のトム・ハーディなんかどうでしょう。監督は『ルール 無法都市』のウィリアム・カウフマンとか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。