--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/14

ここ最近の話。拍手コメントにレスなど。

 まずは新刊の話。ファミ通文庫公式にて表紙が公開されています。
http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/09yotei/09yotei.html
『僕の学校の暗殺部』
 7月30日くらいに発売です。よろしくお願い致します。

『ちょっとかわいいアイアンメイデン』連載中の月刊なのエース、15号が発売中です。
 いよいよ拷問部の宿敵、「洗脳部」が登場します。


 ちょっとだけ最近読んだ本のことについて。
 まずは、渡辺浩弐先生の『死ぬのがこわくなくなる話』のこと。不老不死とは何か、人間の意識とは何か。……読み終わったあと、しばらく頭がクラクラしてました。虚構と現実が入り交じって、異様な力でわけのわからない場所に連れ去られるような、そんな読書体験です。ツイッターやニコニコ動画といった装置が、「作劇上の小道具」ではなく、「重要なテーマ」として作品の芯にがっちり食い込んでいるのに驚きました。いい意味で、この本の姿勢こそが清く正しいサブカルチャーだと思います。


 次に宮内悠介著『盤上の夜』。これも凄かった! 本当に凄かった! 囲碁、チェッカー、麻雀、将棋、チャトランガ……卓上遊戯をテーマにした六つの短編。どのエピソードもとてつもないハイクオリティ! 最初の両手両足がない女性棋士の話で、いきなり度肝を抜かれました。
 麻雀がテーマの『清められた卓』は『咲』のファンにもオススメ。「とても公表できるものではない」として、闇から闇に葬られた「幻のタイトル決勝戦」の話。麻雀のプロが、常識では説明できない打ち方をする新興宗教の女性教祖を迎え撃つ。
 ラストエピソード『原爆の局』。昭和20年、8月6日。広島で打たれた本因坊戦の碁。そのエピソードが現代とつながって、幻想的かつ壮大な結末へ。

 映画の話。
 友人宅で『宇宙人ポール』ようやく観たんでした。『ホットファズ』の二人組がSFオタクに扮して、エイリアンとともにアメリカを旅するコメディアクション。SF作家とイラストレーターのコンビが主人公の映画を、僕(作家)とRebisさん(漫画家)の二人で鑑賞するというシンクロニシティ。

 マルコ・ザロール主演『ミラージュ』のDVDが届きました! 香港にはドニー・イェン、タイにはトニー・ジャー、インドネシアにはイコ・ウワイス、日本には武田梨奈……各国に「世界レベル」のアクションスターがいるわけですが、その中のチリ代表がマルコ・ザロールです。人呼んで「ラテン・ドラゴン」!
 ここ最近、『キック・アス』や『スーパー!』、『ディフェンドー』といった非特殊能力系ヒーローアクションがたくさん作られましたが、僕が一番好きなのはこの『ミラージュ』です。面白い、切ない、苦い、かっこいい……!
 僕は常々、格闘系アクション映画において、ボクシングでいう「ジャブ」こそが「最も演出が難しい技」じゃないかと思っています。重要な技なのに、地味なので一歩間違うと演者が何をやっているのかわからなくなる。『ミラージュ』は、ものすごく印象的なジャブが何箇所か出てきます。



 WEB拍手レスです。
 レスをつけられなかったものもありますが、すべてのコメントにちゃんと目を通しております。いつもありがとうございます!

> 初コメです。自分は今高校生なのですが、深見さんの本に出会ったのが、中学一年生の時でした、初めて読んだのはYGCです。凄く文章の書き方も大好きです。これからも頑張ってください!応援しています(^。^)
 ありがとうございます! 中1から高校生……なるほど、僕も歳をとるわけですね(笑)。
 今までも楽しくやって来ました。これからも頑張っていこうかと思います。

> サイン本げっとー! 深見先生は千葉県民じゃなかったんですか!作品に千葉出ること多いから住人なのかと思ってました
 熊本出身です(笑)。千葉はなんとなく好きな土地です。理由はよくわからないんですが。

> シークレットハニー読みました。ネゲフ軽機関銃は深見作品の常連ですね。
 ネゲフ好きですねえ。サイズ、性能、デザインが「ちょうどいい」感じというか。

> ちょっとかわいいアイアンメイデン買いました。拷問漫画だとは聞いていましたが、まさかここまで百合百合した拷問漫画だとは思っておらず、まったくしてやられました。
 あちこちで好評をいただきありがたい話です。『ちょっとかわいいアイアンメイデン』
 僕もアルフライラ先生も百合好きなので……(とかいいつつ、男の娘も登場しますが)。

> 「シークレットハニー」読みました!征四郎いいキャラしてますね~ 太字強調はかなり読みにくいかも… ここは!!って所は自分で気づきたいので。
 ありがとうございます! 太字強調は、「ライトノベル的文体とはなんだろう?」という疑問点からスタートして、ちょっと実験的にやっております。我ながら「やりすぎたかなあ……」という反省もあるので、次はもっと完成形に近づけていきたいです。

> こんにちわ!シークレット・ハニー発売日に買えました!!質問なんですが、お薦めの洋本とかありますか?
 洋本? 翻訳もののことでしょうか。今はチャイナ・ミエヴィルの『都市と都市』読んでます。まだ途中ですが、これは面白いですね。押井守監督かアレックス・ブロヤスで映画化希望です。

> pcゲームを出して欲しいです!毎回本が出るたびに、興奮しています(^。^)
 ゲームの脚本は経験があるんですが、PCゲームはまったく未知の世界です!
 僕自身はそれなりにプレイするほうだと思うので(最近だとリニューアル版の『鬼哭街』とか)、興味はあります。

> 先生、『Splinter Cell Blacklist』のトレイラー、チェックしましたか?
 チェックしましたよ。面白そうなんですが、まだ前作をプレイしてないんですよね……。

> ズバリ重鉄騎どう思います?先生の評価で買うかどうか決めます 
『重鉄騎』はたしかキネクト専用なんですよね。
 キネクトにまったく興味がないので、わかりません……。

> ジーンズ7の武田爪兵。ジンジャエールにチョコレートの後、ヒップホルスターから抜く所です。ェリコ(41AEを使ってるのでしょうか?)を最初に抜きます。撃つ時にはグロックを使っています。その後は拳銃と描写されました。彼は何時持ち替えたのか。幾つ銃を携帯しているのか。ふと疑問に思っていました。
 すみません、これは単純にミスです! 機会があったら修正すると思います。グロックではなく、発砲の際もジェリコが正解です。

> 先日のニュースでフカミン将軍の地元、九州は福岡県北九州市でロシア製のロケットランチャーと拳銃が発見されて大騒ぎらしいです。某軍事兵器専門家によれば、使い捨てタイプの「RPG-18」で、一挺数百万円(?)もする、との御指摘です。コレはあきらかに間違いで、発射筒が伸縮式の「RPG-18」ではなく初めて固定式の発射筒を採用した「RPG-26」だと思いますし、使い捨ての対戦車(対人用サーモバリック弾頭も有る)兵器に一挺当り数百万円を投じる程、ロシアの兵器開発者のコスト感覚は酷くないのではないでしょうか。それにしても、自動車保険金詐欺を追いかけて、こんな物が発見されるとは恐ろしい世の中です。「コマンドー」のオネーチャンみたいに、前後を間違えて発射した日にゃあ、目も当てられませんがな。
 なんだかあのあたりは過激なニュースが多いですね。お世話になっている担当編集者さんが、よく関連事件の資料を送ってくれます。

> 自分も見てきましたネイビーシールズ。若干FPSの演出が強すぎてアクションが分かりにくいシーンもありましたが、やはり特殊部隊は良いものです。特殊部隊映画といえばGIGNやブラジルのB.O.PEを扱ったエリート・スクアッドも良かったです。ジージェンは映像の綺麗さ、特に銃器が美しく、エリート・スクアッドは暴力がさらなる暴力に蹂躙される場面はスカッとしました。
 BOPEの映画は特に良かったですね! 二本出てて、どっちも素晴らしいクオリティ。ヒリヒリしてて物語の先が読めなくて(ドキュメントを見てるのかと錯覚するような場面もあり)、流血がいちいち痛々しい。銃声も重い!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。