--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/30

A little cute Iron Maiden

 角川書店より『ちょっとかわいいアイアンメイデン』(深見が原作、漫画はα・アルフライラ先生)、そして徳間書店から『ヤングガン・カルナバル文庫版8』のそれぞれ見本が届きました。どちらも書店に並ぶ日が楽しみです。6月4日くらいまでには発売されているはずです。
 そして、お世話になっている雑誌「なのエース」を中心に、『夏コミなの!』というフェアが開催されます!  『ちょっとかわいいアイアンメイデン』も対象コミックスにくわえていただきました。単行本ではアルフライラ先生の加筆修正にくわえて、僕も拷問に関するコラムを書き下ろしています。
(公式)
http://www.kadokawa.co.jp/fair/201205-02/
 さらに女子校拷問部漫画『ちょっとかわいいアイアンメイデン』単行本について。角川の商品詳細ページに掲載されていたので、こっちでも書いておきます……帯の推薦文は、虚淵玄先生にいただきました! うおー! ありがとうございます!





 以前、『ちょっとかわいいアイアンメイデン』の連載が雑誌で始まったときには、「強烈な拷問シーンがある映画特集」という文章を書きました。
(過去更新『良識を疑う! 映画の拷問シーン個人的ベスト10選』)
http://fmkkoe.blog27.fc2.com/blog-entry-555.html
 今回も、女子校の拷問部青春さわやかストーリー『ちょっとかわいいアイアンメイデン』単行本発売を記念して、ここ一年くらいの間で(自分のなかで)話題になった拷問シーンを特集したいと思います。前回映画ばっかりだったので、今回は小説中心で。



 まずはマーク・アレン・スミス『尋問請負人』。拷問のプロが主人公のサスペンス小説です。帯の煽り文、「その男の手にかかれば、口を割らぬ者はいない」って超頼もしい!
 あらゆる拷問のテクニックに通じた主人公。報酬をもらって、どんな情報でも対象から引き出す。すなわち情報獲得業(インフォメーション・リトリーバル)。「拷問の達人で、感情に乏しく、暴力に強い。ファーストフード店と薬局に入ったことがない。時々かわいい猫を肩にのせている」という主人公のキャラクター造形が最高です。
 拷問のプロである主人公の噂が、「この業界の常識をくつがえす驚異の新人」として闇の世界で広がっていく。いいですね。拷問業界の驚異の新人!
 ちなみにこの『尋問請負人』。ツイッター上で教えていただいた一冊だったりします。女子校拷問部漫画の原作を担当しているおかげか、あちこちで「こんな凄い拷問がありましたよ!」と自然と情報が集まってくるようになりました。ありがとうございます!
 小説『尋問請負人』の中から。お気に入りのセリフをちょっとだけ引用。
「今回の仕事は事実上のノーリルだ……わかるか? ほぼ釈放の見込みなし(ノー・リリース・ライクリー)だよ」

 かんじんの拷問内容も充実していました。主人公が行うのは、僕が好きなスプラッタ系とは違う、かなり知的で詰将棋のような拷問です。目からうろこが落ちるような描写も多々ありました。主人公の拷問は、哲学的なところまで踏み込んでいます。彼の中では価値観の逆転が頻繁に行われる。彼が考えるのは「自分にとって拷問とはなんなのか」ではなく、「拷問される人間にとって拷問とはなんなのか」ということ。途中で、「動物のリスを上手く高い木からおろすには」というわかりやすいたとえ話が入ります。
(本分より引用)
リスの思考回路が恐怖から逃れられるのは樹上にいるときだけだとすれば、ガイガーの目標は、ジョーンズ(対象者)に樹上へ戻れないかもしれないと恐れさせることではなく、樹木の存在自体忘れさせることにあった。

アメリカでの評判とかよく知らないので見当違いかもしれませんが、これ映画化しそうな気がするんですよ。主演はダニエル・クレイグ。ハマリ役だけど、ハマリすぎていて「意外性がない」とか言われるところまで見えてます。

 次に紹介するのはフェルディナント・フォン・シーラッハの『犯罪』。シンプルなタイトルです。ずばりそのまま「犯罪」がテーマの連作短編集。文章はあっさりしているのに、どのエピソードにも不思議な人情味があふれています。強烈な拷問描写があるのは、由緒ある茶碗をギャングから取り戻そうとする日本人タナタ氏のエピソード。拷問行為そのものよりも、結果誕生した死体描写のほうに重きが置かれています。「過程を省略する」ことで、読者の想像力を喚起するスタイルです。

 そして僕が大好きな飴村行先生の『粘膜戦士』。架空の戦中を舞台にしたグロテスク・ホラー短篇集。特殊なムカデを使った凄まじい拷問シーンがある「極光」がお気に入りです! 先述の『尋問請負人』『犯罪』と違って、これは正統派(?)のスプラッタ系拷問スタイル。上品なやりかたもあっていいし、もちろんこういうのも楽しい! いや、単純に「楽しい!」とか書くと語弊がありますね。拷問とは本来「やってはいけないこと」なので……。

 ここからは映画の話題。サミュエル・ジャクソンの『4デイズ』をレンタルで鑑賞。結局、観たあとすぐに近所の店でブルーレイを購入しました。
(予告編)

 アメリカ国内の3都市に仕掛けられた、3つの核爆弾。所在は不明で、4日後に爆発する。犯人は逮捕されたものの、爆弾の位置を吐こうとしない。捜査を担当するのはFBIの女性捜査官。しかしそこに、CIAが用意した尋問のスペシャリストがやってくる……。
 犯人を吐かせないと核爆弾が炸裂する。対立する現場、保身に走る上層部。いくつか引っかかる点はあるものの、これはよくできた拷問映画! 観ている間ずっと、拷問に関するあれこれを自問自答してました。僕がこの手の作品を愛好する理由の一つに、拷問が「人間に究極の選択を迫る」瞬間だから、というのがあります。人間の、「人間らしさ」がむき出しになる瞬間が好きなんです。

 最後にもう一本。『スマグラー』。これもレンタルで鑑賞。これなら劇場で観ておけばよかったなー的な一本。原作は『ウシジマくん』真鍋昌平。主人公は、生まれてからずっと何一つやり遂げたことのない若者。そんな主人公が非合法のブツを運ぶ「スマグラー」になり、殺しと凄絶な拷問に巻き込まれる。
 凄く好きなシーンがあるのに、「これはちょっとなあ……」というシーンも同時に存在していて難しいところ。でも拷問シーンは本当によかった! あえて分類するなら、主人公の本質や底力が試される「試練系」の拷問です。それにしても「上は軍服、下半身は紙オムツ」姿の高嶋政宏にだけは拷問されたくないですよね……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。