--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/09

最近観た映画の話。

 水着美女と残酷シーンがすべての映画『ピラニア3D』観てきました。海外版ブルーレイで観賞済みだったので、日本語吹き替え版で。本当に大好きです、この映画。でも声優に挑戦した出川哲郎が「ちょ、痛い。リアルに痛い」とか言って笑かしにくるのはどうかと思いました!
 ゲスト出演したイーライ・ロス(『ホステル』監督)の役名が「ウェット・Tシャツ・ホスト」というのも素晴らしいです。「シャツを濡らすぞー!」という絶叫に、個人的にはアカデミー助演男優賞をあげたい。映画『スタンド・バイ・ミー』で太っちょ(バーン・テシオ)をやったジェリー・オコンネルが、物凄く下品なキャラクターを楽しそうに演じているのにも、ほっこりした気分になりました。あのキャラだけでピラニア名言集が作れそう。「俺が『オッ』と言ったら、お前らは『パイ!』と叫べ!」

 そしてイタリア映画『明日のパスタはアルデンテ』を観賞。面白かったー! コメディには「勘違い」系と「秘密を巡るドタバタ」系があって、この映画は後者(もう一つ「ギミック」系コメディもあるんですがそれはまたン別の機会に)。主演の俳優さんがやる、死んだ魚のような目が好きです。



『マッハ! ニュー・ジェネレーション』のDVDが届いたので観賞。全盛期のジャッキー映画並みのスタントが連発する凄まじいアクション映画。一番驚いたのは走るトラックの「下」で戦うシーン。「上」でもかなり危ないだろうに! 立ち回りに鉄パイプ(鉄筋?)みたいな武器を振るうシーンがあって。その鉄パイプを相手に打ち付けた瞬間、凄くリアルな、嫌な曲がり方をするのがなんていうかもう……。『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスみたいなヤツVSムエタイというバトルがあって興味深かったです。不死身の殺人鬼っぽいヤツ相手にも、とりあえず左ミドルから入るのか! と。



『カンフーパンダ2』観てきました。まさかの号泣。もう本当に面白かった! 背景や建物が凝っているので、やっぱり3Dがおすすめ! ジャンルが違う映画を比較してもあんまり意味がないんですが、このままいくと今年の個人的ベスト10入りは確実(『ピラニア3D』も)。もう一回観に行きます。吹き替え版で観ても面白かったのですが、オリジナルだとミシェール・ヨーやヴァンダムが声優として参加しているんですね。ヴァンダムが演じるマスター・ワニが、ちゃんと「180度開脚キック」をやるというサービス精神が凄い!

 実写版『キング・オブ・ファイターズ』。今年観た映画のワースト候補です。サブマシンガンを乱射するルガールって斬新かもしれない。ホッケーマスクにローラースケートを装着したルガールが、バイスとマチュアに襲いかかるというのも斬新かもしれない。そしてルガールが絶叫。
「これはゲームじゃないんだぞ!」

 少女暗殺者逃避行、映画『ハンナ』観賞。エリック・バナの演技とケミカル・ブラザーズの音楽は良かったんですが、個人的にはいまいちに感じました。「主人公は凄く強いのに、行動や考え方が中途半端で、周囲の人間がどんどん巻き込まれてひどい目にあう」という構造の作品があんまり好みじゃないみたいです。とか言いつつ、主人公ハンナの決め台詞「心臓、外しちゃった」は超可愛いと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。