--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/12

「なぜ僕はスプラッタな映画やゲームが好きなんだろう」

 北米からの輸入ゲーム『スプラッターハウス』をやってます。昔のアーケードゲームのリメイク。
 舞台は現代のアメリカ。恋人をさらわれて、犯人に致命傷をくらった主人公が、怪しいマスクの力を借りて超人になって戦う。全編がこれもう血みどろの戦いの嵐。「バイオレンスのIT革命やー!」って感じの。
 グラフィックは最新の超一級レベルではありませんが、そこそこ綺麗だと思います。とにかく、僕が日本語版でもないこのゲームを買ったのは、(最近はamazonでも輸入ものが買えるんですよね。便利)残酷描写が凄い! という噂だったから。

「残酷なフィクションばかり楽しんでいると、人格が歪みそう」というイメージがあります。それが犯罪に結びつくかどうかは科学的な根拠が乏しく微妙なところですが、なんとなく感情的には理解できる。確かに、人間の死をエンターテイメントにしていこうってのはあまり正常とは言えないかもしれない。
 でも、世の中「正常っぽい」ものってどんだけあるんでしょうね。テレビのニュース番組だって冷静に見れば「異常」です。 被害者だか加害者なんだかよくわからない歌舞伎役者のことで大騒ぎして。一時期大騒ぎしてた相撲関係の不祥事はもういいんでしょうか? 角界は何も変わってないけど、新しい事件が起きるまで数字が稼げそうにないからとりあえず放置というのも、ちょっといい加減な気がします。大抵の事件は「その後」のほうが大事だったりするんですよ。
 架空のスプラッタよりも、現実の凶悪事件のほうがずっとタチが悪い。どんなに後味が悪い事件でも、どんなに救いのない事件でも、垂れ流しのように報道されている。この手の議論はあちこちで飽きるほど行われているのでこの辺にしておきますが。──そもそも、自分の好きなものを正当化するために「他のもっとおかしなもの」を攻撃しても意味がありません。そういうのは論理のすり替えになります。
 じゃあ、ここで異常性は抜きにして考えてみます。
「なぜ僕は過剰に残酷なゲームや映画が好きなのか?」

 一番近いのはジェットコースターじゃないか、と。
 なぜジェットコースターは怖いのか?
 なぜジェットコースターは面白いのか?
 怖い理由は簡単です。ジェットコースターにベルトや固定具がなかったら、死ぬからです。
「安全は保証されているけど、疑似的に死に近づくことができる」
 これは面白い。死に近づくことは、逆に生を実感することです。
「死地への旅立ちと、そこからの生還」
 という、古代の英雄物語のようなテーマを極めてお手軽に味わうことができる。ジェットコースターが肉体的な死と生還だとしたら、残酷なゲームや映画は精神的な死と生還です。
「たとえ映画の中でどんなに人が死のうと、どんな恐怖があろうと、自分は生きている」
 この一点が、重要なんじゃないでしょうか。

 話はちょっと変わるんですが、最近のアメリカ製残酷映画の人体破壊描写はとんでもない。CGの導入で、リアルなんだけ過剰なんだか……とにかく独特の世界を作りあげつつある。『ランボー4』『パニッシャー・ウォーゾーン』『ドゥームズデイ』あたりがそのオンパレードでした。吹っ飛ぶ手足、飛び出す内臓、けし飛ぶ頭部──。DVDやBDの売り上げを見ると、少なくとも北米ではそういうものに対する需要は強そうです。
 かくいう自分も、最新の人体破壊描写を見ると「ああ、いいなあ」と思う。
 プライベートライアンの残酷描写は「リアルの追求」。
 バッドボーイズ2の残酷描写は「爽快感とギャグ」。
 映画によって残酷描写には色々な意味がありますが、僕は共通して「解放感」を味わっています。
「肉体は魂の牢獄である」とはプラトンの言葉。
 肉体からの解放。牢獄を破壊するという意味での戦闘。スプラッタ描写。
 プラトンの言葉を曲解して、ちょっとした理由づけをしてみました。

 ええと、それじゃあようやく『スプラッターハウス』の話。
 プレイ動画はこんな感じ。もちろん未成年はクリック禁止で。



 弱った敵をつかんで、レバーをぐいっと動かすと敵の体がバラバラ! そしてモニタにまで付着するかのような大量の血飛沫! 盆栽みたいに心が落ち着きます。風流ですね。ああもう、超楽しいです。

 最後にちょっとだけ、ゲームや映画ではなく、スプラッタな小説の話も。
 最近だと、飴村行『粘膜』シリーズの残酷描写が好みです。まとめて買って、ほとんど徹夜で夢中で読みました。文章の残酷描写は、映像とはまた違った趣きがあります。文章は、自分の身体感覚に置き換えるのが比較的容易だと思うんですよ。「痛そうな映像」よりも、「痛い」という言葉で想像力を喚起したほうが強いことがあるんじゃないか、という。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。