2017/06/18

最近のTwitterまとめ。2017/06/18

最近のTwitterまとめです。時系列も整ってませんが。とりあえず。

ちょっと前に『ローガン』観ました! ようやく! 念願の、敵をバラバラにするウルヴァリン! 血しぶきと肉片が飛び交うX‐MENをぼくは心の何処かでずっと待ち望んでいたんだな……と、大満足の満面の笑みで劇場から出ました。あと、あの子役の女の子すごいですね。目の演技。R指定バージョンのウルヴァリンさんが、悪い奴らを(いろいろな方法で)バラバラに殺す映画を八時間くらい観ていたいです。

あと『メッセージ』も観ました。これも面白かった……。水やコンピュータウィルスで全滅するような間抜けな(それでいて武闘派な)宇宙人も大好きなんですが、たまにはこういう「ちゃんと考えてる」宇宙人も出てこないといけないなー、という気はします。

今季はすごく楽しいドラマが二本もあって超嬉しいです。フジの『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』とテレ東の『コードネームミラージュ』。奇しくも両者公安警察もので、気合の入ったアクションが盛り沢山。『コードネーム:ミラージュ』のエピソード11すごかったですよ! アクションものが好きなら要チェックの回となってました。たぶん来週もすごそう。主人公と黒幕の、宿命の対決が徐々に近づいてくるこの感じ……めちゃくちゃ気になります。

ある打ち合わせの最中に「今年はアジア映画異常事態だ!」と熱弁を振るってきました。最近見ただけでも『ドラゴン×マッハ!』『アシュラ』『ヘッドショット』『コクソン』と、とんでもないラインナップです。これからさらに『イップ・マン3』『コール・オブ・ヒーローズ』と続きます。
イコ・ウワイスのシラットアクション映画『ヘッドショット』のブルーレイ買ったんですが、その翌日にネットフリックスで配信が始まったりするとさすがにびっくりします。いや、いいけど! ディスク買うのはそれ自体が楽しみなんで問題はないです。ただ、モノによっては本当に早いなー、と。
『ヘッドショット』は、アクション一辺倒だと思われてたイコ・ウワイスがものすごく繊細な芝居に挑戦してるのが個人的な見どころです。軍用犬の哀しい実直さ、みたいなものが目線一つできれいに表現できてて劇場でドキドキしてた。

もう香港版ブルーレイで繰り返し観たんですが、それでもめでたく日本公開されたので『イップ・マン 継承』を劇場で観賞。個人的にシリーズ最高傑作です。進化し続けるカンフー映画の新たな名作。イップマンとバイオハザードヴェンデッタの音楽がどちらも川井憲次さんってすごくないですか。すごいよ!

ドラゴンボールだったりシティハンターだったり憧れの物語世界に転生するタイプの話、あれすごくいいと思う! 自分だったら、香港映画の世界に転生して、チョウ・ユンファ演じる殺し屋の弟分になりたいです。「俺はアニキみてえな大物になりてえんだ!」とかいって最後はもろとも蜂の巣にされるやつ。
香港映画転生。チョウ・ユンファ演じる殺し屋マークの弟分に生まれ変わって。こっちは転生前の知識を生かして、なんとかマークを助けようとするんですよ。でも結局ホーとキットを助けるためにマークが死んじゃう。ループを繰り返しても、結局マークは最高にカッコイイ死に様を見せちゃう。何をやっても死んじゃうマークのために、とうとう正直に事情を話しちゃうんですよ。でもマークは笑って「悪いな。人間には、義理のために死ななきゃいけないときがあるんだよ」って。また撃たれて、僕は現実世界に戻ってきて「何も変えられなかったけど、アニキは最高にかっこよかった」

いま仕事の合間に読んでるのが『銃と戦闘の歴史図鑑 1914-現在』 過去百年間の主要な戦場と局地戦を、使用された銃火器の解説を中心に網羅した一冊。読み応えがあるし、資料写真や図版もたっぷり。眺めてるだけで超癒される!


ベン・アフレックの『ザ・コンサルタント』をようやくBDで観賞。劇中三回はがっつり泣かされました。高機能自閉症の会計士、その裏の顔は殺しのエキスパートという、超変化球のアクションサスペンス。これは凄い。よくこんなキャラクター思いつくもんだと感動しました。面白かった!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』観てきましたよ。面白い! 上手い! 悲しい! 相変わらず音楽と会話のセンスが超一級品ですね。ただ、ソヴリンの人たちあんまり悪いことしてないのにものすごい被害でかわいそう……ってそこだけ引っかかった。でもそんなのは細かいことです。

5月20日公開の映画『夜に生きる』を一足早く観ることができました。面白かった! 禁酒法時代のマイアミギャングもの。後半の銃撃戦激しいですよ。主役ベン・アフレックの相棒を演じたクリス・メッシーナがすごくよかった。公開後、クリス演じるディオンかっちょええという感想があふれると予想。『ザ・コンサルタント』といい、ベン・アフレックの安定感抜群すぎます。最高かよ!

ようやく字幕版で『SING シング』観ました。登場キャラクターみんなを好きになっちゃう、しみじみいい話だった……! ロンドンの下町出身のゴリラ、ジョニーがいちばん好き。あと主人公の親友エディがいいヤツすぎるので必見。

今アマゾンプライムビデオで久しぶりに『FLAG』を観てるんですがこれやっぱりすごいですよ。従軍カメラマンが主人公で、紛争国で国連軍特殊部隊の作戦を取材し続けるという唯一無二のロボットアニメ。なんとなくオススメに入っててびっくりしました。全話配信中です!

海外ドラマ『ウエスト・ワールド』すごくよくできていてすごい。これオンラインゲームやオープンワールドが好きな人は絶対ハマると思う。「ホスト」と呼ばれる精巧なアンドロイドたちが客をもてなす超巨大西部劇テーマパーク。しかし、ホストたちの間で不気味なバグが進行し……やがて事件が、という。他にターセム版オズの魔法使い『エメラルドシティ』や、連続ドラマ版『リーサル・ウェポン』もいい感じ。あと、ネットフリックスでやってるアニメ『リック・アンド・モーティ』超ヤバイと思う。

仕事の資料以外も読まないと心が弱るので……少し前にタイトル買いしたハヤカワ文庫『殺し屋を殺せ』(クリス・ホルム著)を読了。特殊部隊で作戦中に死んだはずの主人公が、ある理由から殺し屋を殺す専門の殺し屋になる。殺し屋の殺し屋である主人公を狙って、さらに殺し屋が現れて……。面白かった!

『キングコング 髑髏島の巨神』観てきました。髑髏島は今日もドッタンバッタン大騒ぎ。噂通り超面白かったです! 劇場から出てきたとき、思わず「フメイヨヨリ、シヲ……(不名誉より死を)」と独りでつぶやいていました。まさかオープニングがああでコングの武器があれでとにかくすごい。エンドクレジット後のおまけ映像がかっこよすぎて劇場で腰が抜けそうになりました。あれは高まりますよ。あと、ブルーレイが出たら30分くらい長いディレクターズカットになってそうだなー、と思いました。特に前半。

スコット・アドキンスの新作Eliminatorsが、WOWOWで『ゲットバック 人質奪還』という放題で先行放送されてました。これ、最近のアドキンスもので一番のアタリだったかも。しんみりした名シーンの多い超絶格闘アクション。
僕はもう勝手にヴァンダムの後継者はスコット・アドキンスだと思ってたんですが、新作格闘映画『キックボクサー リジェネレーション』を観たら、主演のアラン・ムウシーが実に良いヴァンダミングっぷりで楽しかったです。スタントマン出身で超身体能力を誇るアラン、人気出るといいなあ。

映画『ソーセージ・パーティー』をDVDで観ました。これすごかった! 見た目と基本の筋だけはピクサーアニメみたいな感じですが、始まったらもうあとはマシンガンのような下ネタと残酷シーンの嵐。観る人を選ぶ超傑作。
『ソーセージ・パーティー』は、スーパーマーケットの商品たちが主人公。お客様は神様で、スーパーの外は天国だと信じている。主人公たちは、自分たちが食われるために生まれた商品だとまったくわかってない! 「神様」に食われるのなんて嫌だ! と主役のソーセージが奮闘する。面白かったんですけれども、スーパーの加工食品にまで人格や意識を与え始めたらキリがないなあとはちょっとだけ思いました。この映画のスタッフはたぶん狙ってそれをやっていて、そのため「人間」の扱いが非常に悪趣味。悪趣味とブラックユーモアの映画。

最近立て続けに柳澤健の本を読了。『1964年のジャイアント馬場』『1976年のアントニオ猪木』『1984年のUWF』 どれもプロレス業界ノンフィクションで、面白かったです。プロレスのいい話やウラ話というより、組織の潰し合いやレスラーたちグループの離合集散のさまはまるで歴史小説。
最近読んだ三冊のなかだと『1964年のジャイアント馬場』が個人的には一番気に入りました。僕が物心がついた頃にはすでに馬場は50代。正直あんまり好きなプロレスラーじゃなかったんですが、それはつまり全盛期を知らなかったせいなんだな、と。最後のほうはもうずっと泣きながら読んでました。
『1964年のジャイアント馬場』のなかで一番グッときたのは、「ジャンボ鶴田はすべてを持ち合わせたレスラーだが、ただ一つ足りないのは『悲壮感』だ。馬場はそう感じていた」という一文。プロレスを追っかけてると、稀にこういう人生の精髄を感じさせるような名文に出会う。

映画『トリプルX:再起動』観ました。正直『バッドボーイズ2バッド』クラスの衝撃作だった。久しぶりに映画館で「生きていてよかった」と思いました。生きていてよかった。トリプルX:再起動がある世界に生まれてよかった。
『トリプルX:再起動』はドニー・イェンやトニー・ジャーといったアジア系俳優が大活躍して、セクシャルマイノリティのキャラクターがいて、主人公は筋金入りの反体制派。様々な要因が重なって生まれた「政治的に正しい底抜けアクション大作」という奇跡。こういう映画、もっと増えてくださいな!

ずっと観てきた海外ドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』がとうとう最終話になってしまった。大好きなシリーズのラストは本当にツラい……。主人公たちがやってきたことは一見海に小石を投げるような行為だったけれども、決してムダではなかった……というファイナルシーズン。すごく良かった。
『パーソン・オブ・インタレスト』は、アクション満載で拷問や殺人もたくさんあって、基本的には殺伐としたドラマなんですが、全体を貫く優しさとユーモアが特別でした。製作者は、この世界で生きているひと、一人一人を丁寧に見つめるような優しい視点をずっーっと意識していたような気がします。
スポンサーサイト
2017/06/18

最近ノベライズばっかりですが。



学生のころからずっと読んでいた漫画『ベルセルク』。
その新アニメ化でシリーズ構成をやらせてもらっただけでも最高に嬉しかったのですが、さらに公式スピンオフの小説も書かせていただきました。すごい! バイオハザード:ヴェンデッタといい、こういう仕事を昔の自分が知ったら本当に驚くでしょうね……!
というわけでベルセルクスピンオフ『炎竜の騎士』よろしくお願いいたします。新生鷹の団に入る前の、小国の英雄だったグルンベルドの物語。三浦建太郎先生による描き下ろし挿絵も。
発売は23日予定!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。