2012/06/30

アタック・ザ・ブロック感想

 次の更新はWEB拍手コメントへの返信と思ってたんですが、あまりにもいい映画を観てしまったので、慌てて感想を書いておきます(7月13日には上映が終わるらしいので……)。南ロンドンの団地をエイリアンが襲撃! それを迎え撃つのは地元の不良少年たち! ……というわけで映画『アタック・ザ・ブロック』観てきました。予想外に、クライマックスで号泣。
(公式サイト)
http://attacktheblock.jp/
(予告編)


 僕は、「『どうしようもない』と思われていた人間が、土壇場で『誰にも真似できないような立派なこと』をやり遂げる」話に涙腺を刺激されやすいので、『少林サッカー』や『ホット・ファズ』や『第9地区』でも号泣してました。この気持ちが伝わる人には、『アタック・ザ・ブロック』超おすすめです……!

 世の中にはたまに、設定や状況がぶっ飛んでいるにもかかわらず、人の胸を強く打つ映画があります。僕はそれが昔から不思議でした。理屈で考えれば、より現実的になればなるほど(リアリティが増せば増すほど)物語は感動的になるはずです。ところが、それに当てはまらない例は山ほどある。
 とてつもなく非現実的な物語が、これ以上ないほど現実的に迫ってくる瞬間がたしかに存在する。…… これがどういうことなのか、ちょっと前に答えになりそうな文章を見つけました。
 津原泰水先生の『バレエ・メカニック』という小説(傑作です!)の解説で、翻訳家・評論家の柳下毅一郎氏が「シュール」という言葉についてこう語っていました。一部引用で。
「だが、シュルレアリスムとは決して現実ばなれした空想のことではない。それは現実の中に、現実以上に現実的な瞬間を見いだそうとする美的運動だった」
「シュルレアリストはそうした瞬間、現実が現実から飛び出し、超現実的なるものが立ちあらわれる瞬間を探しもとめた。そうした『超現実』によって世界を作りかえることこそがシュルレアリスム運動の本当の目的だったのである」

 現実の中に、現実以上に現実的な瞬間を見いだそうとする。
『アタック・ザ・ブロック』における「エイリアンの侵略」という要素は、観客を「現実ばなれした空想」に連れていくためのものではありません。エイリアンたちは、主人公たちが抱える極めて「現実的」な悩みや問題を浮き彫りにするための装置として完璧に機能しています。すべての要素が組み合わさった瞬間、映画のマジックが発動する。映画のマジックに「うまくかかる」には、(ある意味当然のことですが)映画館での観賞が一番だと思います。

 それにしても、ニック・フロスト(代表作『ホット・ファズ』の映画オタク警官)はソファでだらけた姿が似合いますね。居間でテレビ観ながらぼんやりする演技に関しては、本当にアカデミー賞もの。あと、この映画の監督ジョー・コーニッシュ。次はニール・スティーヴンソンのサイバーパンクSF小説『スノウ・クラッシュ』を映画化するらしいと聞いてピンときました。ははあ、きみ、日本刀が好きで好きでたまらんタイプのイギリス人か!
スポンサーサイト
2012/06/25

Sinners And Saints

 富士見ファンタジア文庫『シークレット・ハニー 船橋から愛をこめて』発売中です。WEB拍手のコメント、ありがとうございます! 近いうちに返信いたします。今回の更新は、アクション映画の感想を少し。まずはDVDスルーの掘り出し物『ルール 無法都市』から。
(原題『Sinners And Saints』予告編)


 主人公の刑事が所属する部署が「路上犯罪課」ってかっこいいです。銃撃戦はマイケル・マン系列で、評判通りさすがの迫力。主人公がAKのチャージングハンドルを引き直す手つきがものすごく自然で興奮しました。
 主人公を演じるジョニー・ストロングって、『ブラックホーク・ダウン』のシュガートなんですね。あと、元格闘家のバス・ルッテンが出ててさすがの存在感を出していました。元格闘家が出演していたら、やっぱり格闘シーンに期待してしまいますよね。そこにもばっちり応えてくれるあたりが実に素晴らしいスタッフです。

 主人公の銃はスプリングフィールドのカスタム・ガバメント。マガジンは予備まですべて大容量拡張タイプという市街戦仕様。「セミオート拳銃にロングマガジン」って僕の凄く好きなスタイルなんですよ。他に、このスタイルが印象的に使われた映画といえば、オリヴィエ・ダアン監督『クリムゾン・リバー2』があります。
 ……ちょっと話はそれます。『クリムゾン・リバー2』は色々と物語の辻褄が合っていない映画なんですが、クライマックスの銃撃戦は文句なしに大迫力です。ブノワ・マジメル演じる刑事は、H&Kの拳銃を所持。予備はロングマガジン。「普段は携帯性を重視して通常のマガジン」だけど、弾倉交換が必要になるということは「かなり激しい銃撃戦に遭遇してしまった」わけなので、予備は「ロングマガジンで火力を維持する」という……。そのディテールだけで僕は大喜びしてしまうのです。

 そしてこっちは最近劇場で観た一本。
『ネイビーシールズ』
(公式)
http://navyseals.gaga.ne.jp/official/
 ジェロニモE‐KIA作戦のおかげで日本でも知名度抜群のSEALS。登場するのはすべて本物の兵士、本物の兵器! 「これはもう、きっと超満員立ち見に違いない!」と思って、ものすごくはりきって余裕をもって劇場に向かいました。
 この手の映画につきまとうプロパガンダ色云々の問題はさておき、僕がいいなあと思ったのは単純な映像の美しさです。兵士や兵器は、上手く撮ると叙情的・幻想的に見える瞬間があります。「あっ!」と思ったのはオハイオ級原潜の浮上シーン。特殊部隊の男たちのために、突如海面に道が出現したかのような光景。
 ちょっと前まで劇場で、ジェイソン・ステイサムとロバート・デ・ニーロが共演した『キラー・エリート』って映画をやってたんですが、そのなかで「尾行・監視していたが、カメラ・レンズの反射で敵に気づかれる」というシーンがありました。この『ネイビーシールズ』ではそういうことは起きません。スナイパーは必ずスコープにカバーをかけています。

 それにしても、この『ネイビーシールズ』。あまりにも最新のFPS(一人称視点シューティングゲーム)の影響大で驚きました。FPSっぽい演出は最近アメリカ映画で急激に増えていますが、ここまでやるか! というレベル。具体的にいえば『コール・オブ・デューティ』シリーズです。ダメージのせいで視界が暗くなる感覚まで「ゲームを再現」しようとしています。昔の映画だと「ゲームの再現」は即パロディやギャグになっていたので、隔世の感を禁じえません。

 あと、『ルール 無法都市』と『ネイビーシールズ』を並べてみて考えたのは、アクション映画におけるリアリティ表現の難しさです。『ネイビーシールズ』では、「アクション映画的には見栄えがいいけど、あまり実戦的ではない動き」が極力排除されています(ゼロではないですが)。それに対して、『ルール 無法都市』は、最低限のリアリティは意識しつつ、派手な爆発やナイフ戦などで娯楽性を盛り上げようとしています。「どちらがいいか」は、観る人の個人的な感覚の問題になるのでしょう。
 制作スタッフは、作品のテーマに合わせてリアリティの軸を定め、アクションを設計しなければなりません。それははっきりとマニュアルがあるような分野ではないので、まるで綱渡りのような作業です。そんな「素晴らしい映像感覚の綱渡り」を期待して、明日もDVDをレンタルしたり劇場に足を運んだりしようと思います。



 せっかく銃の話をたくさんしたので、もう一個。
 鉄砲が山ほど出てくる小説を書きました。
 ファミ通文庫『僕の学校の暗殺部』。
 拷問部とか危機管理部とか、そして今度は暗殺部! これを最後にしばらく「変な部活」はやめとこうと思います……というわけで、来月発売予定、よろしくお願いします。作成中の表紙やキャラデザを見せてもらっているのですが、かなりいい感じですよ!


2012/06/22

Secret honey -from FUNABASHI with love

 自分の新刊、富士見ファンタジア文庫『シークレット・ハニー 船橋から愛をこめて』が全国書店にて発売中です。僕が生まれて初めて書いた、わりと王道のラブコメだと思います。よろしくお願い致します。
(公式)
http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=201203000393
こちらで試し読みもできるようです、そして、富士見ファンタジア文庫の編集部ブログが更新されていました。『シークレット・ハニー 船橋から愛をこめて』の物語の舞台はタイトル通りまさに千葉県船橋市。そこで、「船橋フェア」開催中だそうです……!
(該当記事)
http://www.fujimishobo.co.jp/novels/index.php?d_page=20120619190404
 告知が遅れてすみません!



 そして久しぶりのWEB拍手レスです。

> IEだとフレーム部分がちゃんと表示されずWEB拍手も使えないんですが何とかならないでしょうか・・・
 すみませんでした! このコメントで気づいて、今は直っているはずです。

> シークレット・ハニー読了しました。なんとゆうか、その、本当にありがとうございます・・・!願わくは続刊が発売され、各国諜報機関の美少女エージェントが集結し、ISのような展開になることを期待します!
 ありがとうございます! 続刊が出れば、たしかに世界各国からさらに新たな工作員の少女が送られてくるのでしょうね。そのときまで、ぜひぜひ応援よろしくお願い致します……!

> シークレット・ハニーは千葉県民として注目しております!
 理由はよくわからないんですが、僕は物語の舞台として「千葉」って凄く好きなんですよね。なんでしょうか……。別に、住んだことがあるわけでもないんですよ。

> 「シークレットハニー 船橋より愛をこめて」予約完了! もちろん「ちょっとかわいいアイアンメイデン」も予約済みです! フカミンおすすめの「ファミリーツリー」観ました~ 長女いいですね!!次女もなかなかの演技派~
 これはずいぶん前のコメントですね……。のろのろしていて本当に申し訳ないです。『ファミリー・ツリー』はたしかツイッターでちょっと感想を書いたんですよね。もう上映は終わっていると思いますが、いい映画でした。「一見順調な日々を送っていた中年男が、実は大きな破綻にさしかかっていた」という教訓的な物語。物語の鍵となる主人公の奥さんがすでに「何も語ることができない」という話型は、『市民ケーン』に通じるものがあります。僕はこういうタイプの話が好きなんですよ。

> おっす、オラ「ジャン・クロード・磐谷・おぶぶ」。大変遅くなりましたが、「アイアンメイデン」御馳走様でした。「ロングキス・グッドナイト」ネタ、大変ウケました。いやー、やりたい放題ですねえ。「シークレット・ハニー」も完読いたしました。「世界一サエない」もとい「世界一地味な」主人公の五十六君、オラは大好きです。日本側のエージェントは「ミッキー」だと思っていたんですが、「ときわ書店」に流離の元SEAL隊員「ケーシー・ライバック」が雌伏していたとはビックリですよ。米(コルトSAA)・露(スチェッキンAPS)・中(中華マウザー)、いずれも捨て難いですが、オラのイチオシは米代表の涼音サンでしょうか。トム・クランシー監修のペンタゴンが湯気を出して怒りそうだという映画「ネービー・シールズ」も近日公開らしいですし、って関係ないか。
 というわけで、『ちょっとかわいいアイアンメイデン』も好評発売中です。本編ではあんな扱いでしたが、『ロング・キス・グッドナイト』は僕も大好きな映画だったりします。あと『ネイビー・シールズ』! このブログの更新が終わることには上映が始まっているはず。一刻も早く観に行きたいです!

> 明日は代休で久しぶりの休みだぜ。 台風だけど・・・Orz それでも「シークレット・ハニー」を求めて本屋に行く。 by 来宮
 ありがとうございます! 台風は風が強烈でしたね……。
 無事に購入されて、少しでも楽しんでいただければ幸いです。 

> 先日買った「白い死神」、フィンランドの伝説の狙撃手「シモ・ヘイへ」の伝記ですが、非常に興味深く拝読しました。フィンランド兵は精強だと言いますが、「自分の国は自分たちで守るのが当然」という精神の元に、赤軍兵と死闘を繰り返して結果的には負け戦とはいえ最後まで戦い抜いたフィンランド兵たちの心意気には感動しました。彼はスオミSMGを扱わせてもピカイチの腕前だったそうです。
 面白そうな本ですねー! 凄く興味がある分野なので、これは買って読むと思います!


> The last of us トレイラー観ました?あれはガチで神ゲーの予感がします。先生はどう思いますか?
 見ました見ました。アンチャーテッドをさらに凄くしたような。


> 遂に以前から期待していた『Sinner&Saints』こと『ルール・無法都市』を視聴。期待以上のガンアクションが楽しめました。黒幕と敵の正体の設定上未公開とは思えないぐらい多くの種類の銃器が登場したのは嬉しい誤算でした。最近の映画でグリースガンとか久々に見ましたしラストで主人公が使ってたのはHK416だったり。短いながらも中々実戦的なナイフ捌きまで登場した上スタングレネードの使い方もGood。何より劇中の雰囲気がどういいますか、深見先生が描くハードカバーの刑事物みたいな緊迫感のある作風だったと個人的には感じています。ぜひお勧めです。
『ルール 無法都市』こと『Sinner&Saints』。もちろんチェックしましたよ! これは、DVDスルーがもったいない傑作でした。そのうち、この映画の感想でブログを更新しようかと思っています。日本ではブルーレイが出ていないので、北米版の輸入モノを購入するくらい気に入りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。