2011/12/28

2011年のまとめっぽく。

 今年も読者のみなさまにはお世話になりました。
 来年もよろしくお願いします。
 今年の後半は、とにかく「準備」ばかりしていました。来年は、小説以外の仕事でもちょくちょくお目にかかることがあるかもしれません。今回の更新はとりあえず、2011年に観た映画、読んだ本の中で、特に印象が強かったものをまとめておきます。本当は「ベスト10」とかにするとキリがいい感じもするのですが、絞りに絞っても収まらなかったので、なんとなく雑然としてしまいました。作品に順位をつけるのはあまり好きではないので、並びは適当です。

(2011年特に印象的だった映画)
『ソーシャル・ネットワーク』
 音楽と脚本が抜群でした。
『イップ・マン葉問』
『孫文の義士団』
『レジェンド・オブ・ザ・フィスト 怒りの鉄拳』
『導火線フラッシュポイント』

 2011年はドニー・イェン祭りでした! イップマンはオリジナル版と公開順序が変わっているのでややこしいです。個人的には、日本軍と戦うやつよりも香港編のほうが好きです。日本軍の描写が雑で、凄く損をしている映画です(日本軍描写が下手なのはレジェンド・オブ・ザ・フィストもそう)。香港編にはサモハン出てるし。
 導火線、はずいぶん前に香港でブルーレイを購入していたので、DVDスルー、そして劇場での限定公開が決まって「ようやくか……!」と喜びました。ドニーが演じるアクションの、一つの到達点が導火線です。ここ最近のアジア映画で最も優れた格闘戦だったと思います。
『ザ・タウン』
 傑作ヒートの影響が強い、ベン・アフレックの銀行強盗映画。
 銃声と弾着の効果が超かっこよかったです。ジェレミ・レナーの「強すぎるチンピラ」演技が印象的。
『冷たい熱帯魚』
 演技って凄いなあとしみじみ思った一本。「役者の迫力」って大事ですよね。
『悪魔を見た』
 ぶっ飛びの残酷描写。でも、ラストには奇妙なカタルシスがあります。
『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』
 笑えた! そしてかっこよかった! 演奏シーンが超盛り上がる! という意味ではアメリカ版のけいおん! かもしれません(違います)。
『ジャッカス3D』
 飛び出せ、バカ! というキャッチコピー通りのすがすがしい一本。
 あまりにもいい台詞があったので、たまらずここに書いておきます。ローラースケートでバッファローの群れに突っ込み、吹き飛ばされたジョニー・ノックスヴィルが一言。「……バッファローにはね飛ばされた気分だ」
 2011年、劇場で一番笑った映画です。 
『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』
 さっきジャッカスが2011年一番笑った映画、と書きましたが間違いでした。
 一番はこっちです。ハングオーバー2。悪趣味なネタが増えて賛否両論分かれてますが僕は「2」のほうが好きです。伏線の回収のしかたが「1」より綺麗だから。
『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ』
 超残酷! 非道徳的! この映画を楽しめる人の数はそんなに多いとは思えませんが……。それでも、見たことも聞いたこともないやりかたで悪党を始末するのが楽しかったです。
『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』
 とにかく武術指導のレベルが高い! カンフー映画の気持ちよさを純粋に堪能できます。
『ドライブ・アングリー3D』
 ニコラス・ケイジ好きにはたまらない! 暴力! カーチェイス! お色気! というあまりにもわかりやすい内容を、無駄なく、速いテンポでやりきった傑作。超傑作。ウィリアム・フィクナー(『プリズンブレイク』のFBI捜査官)の怪演だけでも見る価値があります。
『カンフー・パンダ2』
 細かいネタから実写では不可能なダイナミックなアクションまで。主人公の出生の秘密を巡るドラマも盛り上がるし、2011年のCGアニメでは間違いなくベストの一本でした。
『ピラニア3D』
 水着! ポルノ撮影! 古代の凶暴ピラニアが復活! 大虐殺!
『アジョシ』
 クライマックスのナイフ戦はアクション映画史に残ると思います。
『けいおん! 劇場版』
 説明不要ですね。大好きだから仕方がない、という。
『リアル・スティール』
 この前の更新で色々と書いたばかりです。
『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』
 シリーズで一番好きな作品になりました。やっぱり日本人にはトムの独走状態よりもチームプレイのほうが肌に合う気がします。
『マネーボール』
 電話するだけのシーンでもかっこいい! 会議中にイライラしているだけでもかっこいい! ブラッド・ピットの「仕事はできるけど人生を楽しめない男」演技が素晴らしいです。

(2011年特に印象的だった本)
 2011年より前に発売された本も混ざってますが、「僕が今年読んだ本の中から」ということで。
スティーヴ・ファイナル『戦場の掟』
 米軍のイラク駐留に関する本は山ほどありますが、これは著者の兵士たちに対する「距離感」が絶妙です。
ブライアン・アザレロ、リー・ベルメホ バットマン『ジョーカー』
「それは野火のように、いや、疫病のように広まっていった」……翻訳し出版してくださったスタッフに感謝。悪と狂気が疾走する大興奮の一冊。ラスト一文までの流れが壮絶すぎて大感動。
ロバート・カークマン『ウォーキング・デッド』
 テレビドラマ版も好評のゾンビもの。登場人物たちの感情の「運び方」が凄く上手い!
フランス・ドゥ・ヴァール『共感の時代へ』
 最近僕が興味を持っている「人間らしさ」についての本。
 ちょっとだけ引用。「国土の大半が六メートル余り海面より低いオランダでは、堤防は神聖なものなので、政治家たちはそれについて一切口出しできない。治水は技術者と、建国にすら先だって設立されていた地元の委員会の手に委ねられている」
マット・リン『暗黒の特殊作戦』
 傭兵軍事冒険小説のシリーズ二作目。
「人の命がかかっているときは、誰だって八のワン・ペアよりもマシな手を望むものだ」
杉作J太郎『杉作J太郎が考えたこと』
 帯に書いてある「迷える男子のボンクラ魂に火をつけ続けてきた男」というアオリ文そのままの内容でした。僕はこういう「情念をこじらせちゃった人」に弱いです。
平山夢明『どうかと思うが、面白い』
 オモシロ下品系エッセイ集なのに、たまに強烈な激痛描写が入って油断できませんでした。
高野秀行『世にも奇妙なマラソン大会』『ミャンマーの柳生一族』
 深い考えがあるでもなく、勢いでサハラ砂漠マラソンに挑戦する筆者の心理状態は凄いというよりヤバい。しかもそれが人生初マラソン。かなりの著作があるので、これからどんどん読んでいきたいと思います。
内田樹『うほほいシネクラブ』『呪いの時代』
 内田先生の本には本当に「はずれ」がないです。シネクラブ。リュック・ベッソン映画について、あまりにも的確なコメントがあり、それだけでもこの本を買った価値がありました。「『幼児のように無垢な中年男』がわけのわからないことをするせいで、周りの秩序がだんだん混乱してきて、ついには破壊的暴力が解発される」
ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
(ありえないほど面白かった)です。親子と夫婦と喪失と喪の儀式の物語。久しぶりに泣いた泣いた! 内容に直結した「視覚的」な仕掛けの見事さに感動。タイポグラフィとデザインの挑戦。映画版はスティーブン・ダルドリー監督なんですが、本を読んだ印象だとダニー・ボイル、あるいはデヴィッド・フィンチャー監督で観てみたかった。でも、もちろん映画版も楽しみです。原爆が落ちた直後の広島を描写するシーンがあって驚きました。
ダグ・スタント『ホース・ソルジャー 米特殊騎馬隊、アフガンの死闘』
 実録戦記もの。
 本のあらすじから引用。
「2001年9月11日直後、密かにアメリカ陸軍特殊部隊チームが招集された。任務はアフガニスタンに潜入し、地元勢力の北部同盟軍と合流して、ターリバーンを掃討すること。最新鋭の装備を誇る米軍だが、険しい山岳地帯の現地では、慣れない馬を駆って戦わなければならない」
 翻訳は、軍事に詳しい安心の伏見威蕃先生。
「国防総省ではだれも、現代の米兵が馬に乗って戦争に行くなどとは思っていなかった」
 僕はいわゆる軍事もの、特殊部隊ものが好きです。ただ単純にドンパチが好きというわけではなく、彼らのような現場のプロフェッショナル特有の「リアリティー(現実感、真実性)」が好きです。「何もかも足りないが現場の知恵と努力で何とかする」過程が最高に楽しい一冊でした。

 次回はWEB拍手コメントレスの予定です。では、よいお年を!
スポンサーサイト
2011/12/11

『リアル・スティール』観賞。

 ロボット・ボクシング映画『リアル・スティール』観てきました。
 監督は『ナイト・ミュージアム』シリーズでファミリー向け映画の実績をあげたショーン・レヴィ。



 面白かったです。最近僕が調べていることと重なる点があったので、自分の頭の中を整理する意味もこめて、ネタバレを避けつつ感想みたいなものを書いていこうかと思います。
 ダスティン・ホフマンの『クレイマー、クレイマー』的な父子のドラマに、『ロッキー』的な正しいスポ根ドラマツルギーを足し、『トランスフォーマー』ばりの緻密な特殊効果で盛り上げるという、とても豪華な映画です。アクション・シーンが予告編を見て想像していたのよりもずっとエキサイティングでした。動画枚数が多いアニメが直感的に気持ちいいのと同じで、ロボットが「人間そっくり、あるいはそれ以上の人間らしさ」で動くことの快感がしっかりと表現されています。ボクシングという競技の本来の面白さを描くために、一度人間の身体性を排除して、改めて構築するという……面白い試みですよね。
 僕が特に気に入ったのは、主人公の父子が操るロボット「ATOM」の描写。凄くよくできてます。CGや特撮が、というのではなく脚本のレベルでしっかりしている。ロボットの可能性を示すという、科学的な視点からもしっかりしている。面白いのは「模倣」と「自己鏡映像認知」です。
「ATOM」は旧世代のスパーリング用ロボットという設定。
 しかし、どこか特別なところがある(少年とATOMの出会いには、エヴァンゲリオン第一話を彷彿とさせる演出があります)。ATOMの最大の特徴は「シャドー機能」です。見たものをそのままそっくり「模倣」するという機能。これがただの工業的な機能なのか、それとも「ATOM」の特殊な「才能」なのか、劇中ちょっとぼかしてあるんですよ。
 模倣、というのは生物にとってとても重要な行為です。
 ちょっと引用しますね。
 マイケル・S・ガザニカ(心理学教授)の著書『人間らしさとはなにか?』より。

 こうした物真似行動はどれも、社会的相互行為を円滑にする。無意識のうちに、脳のあの自動的な部分の奥深くて、あなたは自分と似た人たちとの関係を形成し、彼らを好ましく思うのだ。(中略)このようにあなたが誰かを真似ると、その相手は共感や好意、スムーズな相互作用を育み、あなたに対してだけでなくあなたの周囲の人に対してもポジティブに振る舞う可能性が高い。この、向社会的行動の強化を通じて人々を結びつける力は、集団を一つにまとめ、数の多さからくる安全を促進する社会的な接着剤として働くことで、適応上の価値を持つのかもしれない。

 この映画でも、ATOMは模倣行動を通じて人間の登場人物たちと強いきずなを築いていきます。人間が生まれて、最初に行う社会的な行動が「模倣」です。赤ん坊が、大人に笑いかけられると自分も笑い返す、という。それこそが共感を生みだし、社会性を強化し、人間の人間らしさを形成していく。ATOMの模倣がただの「機能」でないとすれば、ATOMはただのスパーリング・ロボットではなく、何らかの偶然か開発者の意志によって実験的な「人間性」を付加されたことになる。

 これがただの深読みではないことが、少年とのやりとりや、ATOMが試合の控室で「鏡を見ている」シーンでわかります。意味深な演出で、何か理由がなければ絶対にカットするシーンです。鏡を見るというのも、生物にとっては特別なことです。鏡を見て、それが「鏡に映った自分だ」と認識することを、「自己鏡映像認知」といいます。類人猿にはこれができます。サルにはできません。自己鏡映像認知ができる動物は、ごく少数に限られています。
 人間でも、多くの一歳児は自己鏡映像認知ができません。平均的には、二歳を過ぎたころからできるようになるそうです(確かに、僕の息子もそんな感じでした)。二歳というのは、幼児が急激に「自己」を意識し始める時期でもあります。強い自己意識があるからこそ、他者を意識することが可能になり、そこから共感や視点取得といった能力につながっていくわけです。控室の鏡は、さりげないですが、ATOMが「本当に特別」であることを暗示する重要なシーンだと思います。

 監督か脚本家か、それとも映画の科学アドバイザーなのか、とにかく誰かがATOMに特別な才能を託そうとしました。思い切りハードSF方向に舵を切ることも可能だったはずですが、スタッフは恐らく「あえて」純粋に娯楽とドラマに集中した。王道の物語の背後に流れる科学的なマインドも含めて、『リアル・スティール』はここ最近公開されたいわゆる「ロボットもの」映画の中でも出色の出来栄えだと言えるんじゃないでしょうか。
2011/12/06

YGC文庫版6巻。


 もうちょっと時期を外してしまったのですが、『ヤングガン・カルナバル』文庫版、第六巻が発売中です。六巻のサブタイトルは「そして少女は消えた」。今回も、誤字や脱字、引っかかったところをほんの少し修正してあります。
 そして、ずっと延期になっていた『GENEZ‐7』ですが、来年(2012)の1月20日ごろに発売となります。お待たせしてすみませんでした。


 WEB拍手レスです。

> いつも作品を楽しく読ませていただいております!パラベラムは僕の中でとてもお気に入りです。なんかカッコいい台詞とか格言とかが使われてるが好きです。そこで質問です、ああいう格言とかはどうやって知ったのでしょうか? やっぱり映画等でしょうか、よろしければ教えてください!
 色々です。映画の名台詞は必ずメモるし、いい本を読んだら書き写して忘れないようにします。「学ぼう」という気持ちを忘れないことが大事なのかもしれません。今の僕だと、パラベラムのときよりもずっと上手く引用や古典の換骨奪胎ができそうな気がします。

> 大学合格しました。これもすべてフカミン先生のおかげです!
 おめでとうございます! 僕は関係なくてあなたの努力の成果だと思いますよ。受験勉強とか思い出すだけで冷や汗が出ますね。

> 千年続くフカミンを~♪amazarashi知りませんでしたが良いですね!
 これはツイッターで僕が紹介したバンドへの感想ですね。[amazarashi]
 生真面目な歌詞とヴォーカルの神経質そうな声が好きです。


> 「ちょっとかわいいアイアンメイデン」ますますノッテきましたね~単行本はいつごろですか? 「ゴルゴタ」「ブラッドバス」と同じフカミンですか?ほんとは何人いるんですか?どのフカミンもお体大切に~~
『ちょっとかわいいアイアンメイデン』は僕自身も凄く楽しんでいます。僕がまず原作を用意するわけですが、そこにアルフライラ先生のアレンジがくわわって予想外の化学反応が起きるのがスリリングです。単行本は……来年の、夏になる前には出ると思うのですが……。詳しいことはまだわからないですね。

> お久しぶりです。「小説を書いている者」です。『ブラッドバス』読みましたよ!(本当は『GENEZ7』を読んでからまとめて感想を言うつもりだったのですが……) 終盤の入江とブラックウッドの戦いがかなり好みです。特に実際のナイフファイトでは殆どやる人がいないリスキーな技「チェンジングハンズ(持ち替え)」を難なくキメるブラックウッドは中々凄かったです! YGC以来再登場の火炎放射器も見れて、大満足でした! 最近は自分でもブログをやりながら小説を書いています。(例の問題はブロ友と相談して「書こう」と言う事になりました)それでちょっと新たな悩みなのですが、「ブログで小説を発表すべきか否か」と言う事です。将来的には出版社に出そうと言う志があるので、やっぱりここで発表するのマズイかなぁ……と悩んでおります。先生は作家デビュー前に小説をどういった形で人に読ませていましたか?是非教えてください! 追伸・入江の好きな「メロドラマが鬱陶しいけど人が沢山死ぬから好きな映画」って何ですか?取りあえず僕が思い浮かべたのは「パールハーバー」と「スターリングラード」です。(特に後者かと)
 まず、入江が見ていた映画のタイトルは秘密です(笑)。
 文脈で色々と想像していただけると嬉しいです。
 そしてブログや小説の話。僕は、デビュー前はだいたい弟に原稿を読んでもらっていました。頭のいい弟なので、本当に助けてもらいました。「ブログで小説を発表すべきか否か」という質問に関してですが、僕は個人的にはそういうことをする必要はないかな、と思います。趣味ならともかく、プロを目指しているのなら、原稿は小出しにせずにためておくべきです。

> ブラッド・バスさすがの出来でした! ここまでリアリティと現実のせめぎ合いといいますか、こんなの書いて、しかも面白いのは深見先生だけだと思います。深見先生の悪人は、必ずむごたらしく死んでくれるのがいいです。
 そう言っていただけると、死体と殺しにこだわったかいがありました(笑)。

> 『ブラッドバス』読みました。近年の深見さんの作品でもピカイチだと思いました。主役も悪役もある種の暴力衝動を抱えているのに、物凄く魅力的でよかったです。ただ気になる点は、物語のメインとなるキャラに比べて戦闘者じゃないキャラクターのキャラ立て(紀雪とその家族とか)が若干存在感としてとても弱く感じてしまいそこは残念でした。何の取り柄もなくても、才能のあるキャラと同じくらいの存在感を持つキャラ立ては出来ると思うので、もう少しお願いできないかなと思う次第です。
 ありがとうございます!
 重要なことだと思うので、これから先ちょっと意識していこうかと思います。

> 深見先生こんにちは。今更ですが、ヤングガン最終巻の感想を。読み終えて、そこから自然と塵八の未来に思いを馳せた、素敵なラストでした。ただ、切ない。これはどうしてだろう? と考えて、「失恋」に似ていると思いました。わたしは伶ちゃんが好きで、彼女に感情移入をして読んでいました。だから、最終巻での弓華との会話が強く心に残っているみたいです。大好きなのに、思い出すと胸が痛い。わたしにとってヤングガンカルナバルは、そんな不思議な作品になっています。失恋の痛手を癒すのに時間がかかってしまい(笑)、感想をお伝えするのが今になりました。先生の作品はどれも楽しく読んでいます。新しい作品で、新しい恋ができるのを楽しみにしています! konohi
 作者ながら(作者だからこそ?)伶には申し訳ないことをしたなあ……と罪の意識を覚えることがたまにあります。弓華はこと恋愛に関しては本当に制御しにくい登場人物でした。僕は物語は余韻が大切だと思っているので、「不思議な作品」というのは凄く褒め言葉です。これからもよろしくお願いします……!

> どうも。ヤングガン、ゴルゴタ、パラベラム、AGC。先生の作品は、大好きです。先生の感性や、編集さんの努力とか。そんなことを考える度に、小説家って芸術家だなぁと、感動します。自分は、来年の一月に手術をします。入院中は痛みに耐えるか、美人の看護婦さんと話すか、先生の作品を読むかです。ところで、先生の敬愛する小説家さんは誰ですか? 自分は、先輩の薦めで読んだ「夏目漱石」です。自分は馬鹿なので、小説とか文学とかまったくわからないのは確かです。それでも「草枕」は圧倒的で鳥肌ものでした。最後になりましたが、先生の作品には、「力」があると信じています。先生が真田聖人で、自分が保品準。みたいな。すみせん、すみません。(汗)。これからも、がんばってください。俺も病気に負けず、手術がんばります。では、失礼します。12月4日。
 手術が特に問題なく終了するよう、遠くからですが願っております。上手くいったら、またコメントしてくださると嬉しいです。僕が敬愛する作家は……今も増え続けているので難しいですね。ここ数年特に熱心に勉強しているのは、国内だと船戸与一、三島由紀夫、開高健。国外だとジョン・ル・カレとJ・エルロイ。本当に他にも大勢いるのでキリがないです。

> 小説などでナイフ使いを見る度に毒島と比べてしまう自分がいます どうして彼はあんなにも魅力的だったのでしょうか? 私は最近先生の読者になったばかりで、このような質問をしていますが、もし言われ飽きているようなら申し訳ありませんでした。 よろしければ毒島についての言及を宜しくお願いします。
 僕が書く小説の主要キャラクターには、必ず実在のモデルがいます。毒島将成は、僕の人生にかかわり、僕に色々なことを教えてくれた三人の尊敬すべき大人が混ざりあって完成したキャラクターです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。