2011/07/21

映画『ザ・タウン』の話。


 映画『ザ・タウン』予告編。
 ずいぶん前に劇場で観賞。『ゴーン・ベイビー・ゴーン』に続いて、ベン・アフレックは監督として手堅い演出を行い、傑作を撮ってくれました。ブルーレイ版は追加シーンもあるとのことで、ラストシーンが変わっているんじゃないかと期待して再生。二度目の観賞。ネタバレになると申し訳ないので、ちょっとぼかしながら書きますが、ようするに映画版と原作だと結末が違います。



 チャック・ホーガンの原作『強盗こそ、われらが宿命』上下巻の魅力は、丁寧なディテール描写と生き生きとした会話だと思います。読んでいるうちに、自分がボストン郊外チャールズタウンの住人になったような気分が味わえる。ちょっとだけ引用。短いやり取りですが、彼らの粗野な性格や、育った環境、さらに長く親しい付き合いだということも伝わってきます。

「ようやく黒幕のお出ましか」とジェムは言った。「デズ猊下は?」
「すぐに来る」とダグは言い、大昔の人種差別主義者がナイフで残した落書きの上にバッグを下ろした。
「シェリルだぜ」縮れ毛の黒髪を豹柄の髪どめでまとめた教師に、グロンジーが顎を振って言った。「あいつを見るたびに、三年生のクラスの集合写真を思い出す。だろ、ダギー? 『大草原の小さな家』みたいなフリルつきの服を着て、ピンクのビニール靴を履いて、前列中央に座ってた。両手を重ねて、両脚をきちんと足首のところで交差させて」
「行儀がよかったのはあれが最後だったな」とジェムが茶化した。




 そしてディテールの一例。どこまでが本当のボストンの銀行で、どこからが作者の創作なのはわからないところがありますが、強盗シーンのリアリティ・説得力にはひたすら圧倒されました。
(以下引用)
 外から見ると堅牢強固な金庫も、なかに入ってしまえばそれまでだ。ビニールで巻いた硬貨が大量に積まれた棚は無視し、紙幣の束を引き出した。札束をまとめる紙の帯が色分けされているので、ひと目で額面がわかる。五ドルは赤、十ドルは黄色、二十ドルは紫、五十ドルは茶色、百ドルはきれいな芥子色。ダグはときどき帯を外し、札束を扇のように広げて、染料袋やトレイサーが仕込まれていないか調べた。
 窓口係用の現金を収納する台車が四台、金庫の奥に並べてあった。それぞれいちばん上の抽斗には約二千五百ドルが入っている。ダグはそのすべてを取り出した。ただし、各仕切りの底にある『囮』紙幣だけは残した。紙で留められた二十ドルの薄い札束だ。最上段の抽斗は、窓口係が通常の顧客とのやり取りで現金を取り出す場所であり、強盗があった場合にまず空にされる場所である。


 こういう文章を読むと僕は本当に幸せになっちゃうんですよね。「囮紙幣」「きれいな芥子色」といった単語が強烈に印象に残ります。監督・脚本のベン・アフレックはきっちり原作を読みこんだらしく、こういった細部の描写も映像で再現されています。
 で、原作と映画の違いについて。
 まず気になるのは、中盤の現金輸送車襲撃シークエンス。映画版だと輸送車を路上で襲撃しますが、原作だとそれがマルチスクリーンの複合施設──いわゆるシネコン──「ブレイントゥリー10」で行われます。なぜシネコンから路上に変更されたのか? これはわかりやすくて、カーチェイスを入れるためなんだと思います。路上からならのほうがスムーズに車同士の対決に移行することができる。上映時間が二時間を超えているので、メリハリをつけるためにカーチェイスは確かに必要です。このあたりのアレンジは本当にお見事。原作通りやるべきところはそのままで、アレンジが可能な箇所ではしっかりとひと工夫。本当に理想的なやり方です。──でも、シネコンのシーンは面白い描写が多いので、もったいないといえばもったいない。原作は、実に映画の小ネタが多い。
 主人公が、襲撃の舞台となるシネコンを下見するシーンから、一部引用で。
(以下引用)
 建物のなかに入り、一般客のように入場券を買って、三角形のフライピザに金を使った。広いロビーのなかをぶらぶら歩き、『立ち入り禁止』の表示のある事務室のドアに眼を止めた。厚紙三枚から成る『インディペンデンス・デイ』のディスプレイ──ホワイト・ハウスが粉々に吹き飛ばされている──に半分隠されている。別の壁には、シドロ・コサリオという名の支配人の肖像画がかかっていた。
(中略)
 次回上映の『ザ・ロック』──老いた男が脱獄するアクション映画──のポスターに不吉な予感を覚え、ダグはあわてて劇場のなかに入った。『狼たちの街』が始まるまえの最後の予告編は『ツイスター』だった。スクリーンで牛が飛んでいく場面に人々が歓声を上げ、本編が始まってもまだその話で盛り上がっているあいだ、ダグは来るべきすばらしい週末に思いを馳せ、暗闇でひとり微笑んだ。


 この原作者は細部にこだわりますが、銃器にはそれほどの興味はないようです。逆に、ベン・アフレックはどうもガンマニアっぽい。映画であることを意識した派手な銃器がセレクトされてます。銀行強盗なのに、HK416やHK・UMPといった軍・警察系の装備。DSAのSA58・OSWカービンなんて珍しい銃も出てくる。とにかく重々しくて見栄えがいいもの中心。このあたりは見る人の趣味にもよりますが、銃撃戦を派手に仕上げるのは映画的には正しい判断だと思います。ただし、原作でも映画でもテック9が印象的な使われ方をするのは同じ。あと、この映画は、銃声の表現も素晴らしいです。銃の方向と人物の配置が、上手く計算された上で音が収録されています。

 原作と映画で最も大きく異なっているのはやはり結末です。僕は原作のラストのほうが美しいと思う。詩的で感傷的な終わり方です。それでも映画版のラストに納得がいかないわけではないし、著しくクオリティが落ちるということもありません。人によっては「映画版の結末のほうが好き!」というのも当然あるでしょう。情報量という小説の強みを生かした原作、画作りと音にこだわった映画版。とにかく僕のツボにはまる内容でした。おすすめです。
 最後に、ブルーレイの追加シーンについて。劇場版では銀行強盗の男たち(主人公含む)が夜の街を遊び歩く中で、ストリップを観賞するシーンがカットされていたことがわかりました。もったいない! そこは大事でしょう! 別にいやらしい意味ではなく、男たちのだらしない私生活と友情の表現という意味で!
スポンサーサイト
2011/07/03

映画の感想とWEB拍手レスです。

 最近観た映画の感想とWEB拍手レスとか。
 ほとんど中毒というか、僕は定期的に映画を観てないと仕事になりません。週二ペースで劇場に足を運んでるんですが、家に帰ってくると仕事があるので、あまりブログに感想を書く余裕がない、という。でもたまに色々と書きたくなるんですよね。感想といえば、このブログではあんまり読んだ本の話をしてないんですよね。エッセイ集、ドキュメント、ミステリ、ハードボイルド……わりとなんでも読むほうなんですが、映画や漫画に比べて本の話って妙に疲れるので……。職業柄、気合いが入り過ぎるのかもしれません。

『ハングオーバー2 史上最悪の二日酔い、国境を越える』


『ハングオーバー2』。『マイティ・ソー』とハシゴで観てきました。人にもよるでしょうが、僕は完全に前作越えの超傑作だと思います。劇場で腹を抱えて笑える映画! 「謎が解かれた瞬間の爽快感」と「エンドクレジットの破壊力」が『1』よりも凄い。「指」の理由が明らかになった瞬間、劇場で思わず「おおう!」と驚きの声をあげてしまいました。歯科医のステュが好きです。
「ちょっとダメな男たちが結婚式前にハメを外し過ぎて大変なことになる」というそれだけの内容なんですが(しかも『1』と『2』のプロットや展開がほぼ同じ!)、脚本が本当によく練られていて伏線の回収が見事です。キャラクターの立て方、音楽の使い方も抜群。時々急に残酷なシーンが(ギャグとして)入るのも僕の好み。こういう男同士の友情コメディがちょっと前からアメリカでは流行っていて、「ブラザーロマンス」なんて言い方があるそうです。
 ブラザーロマンス映画で僕のおすすめは『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(ひどいサブタイトルだな!)と『俺たちステップブラザース〈義兄弟〉』。どちらもタイトルからは想像できませんが、笑えて泣ける映画。『スーパーバッド』には、冴えない男の子に拳銃を撃たせてくれる気のいい警官たちが出てきて、彼らが絡むシーンは本当に最高。『ハングオーバー2』もそうなんですが、パトカーが爆発するコメディ映画は傑作が多い!
 それにしても『ハングオーバー』シリーズの三人組は本当にバランスがいいです。トラブルメーカーのアランは、あずまんがで言うと智、けいおんで言えば唯と律を合わせたようなポジション。やることなすことムチャクチャだけど、アランがいないと物語がまったく成立しない。特攻野郎Aチームだと、クレージーモンキーがいないとコングが輝くことができないように……。

『スカイライン ‐征服』


 最近のアメリカで流行のエイリアン映画。『世界侵略:ロサンゼルス決戦』『エイリアンVSカウボーイ』『スーパー8』……なんだか次々と公開されてます。この『スカイライン』もエイリアンとの戦争もの。自分の周囲でラストシーンが賛否両論真っ二つになっていたんですが、観たら理由がわかった! そりゃそうなるよなあ。劇場で腰が抜けそうになりました。このラストが許せないという人の気持ちは理解できますが、僕はこういうのもありなんじゃないかと。「小さくまとまっているけど見どころのない映画」よりも、「まとまってなくても見せ場がある」映画のほうがずっといい。
『スカイライン』は、ミリタリー描写が面白かったです。中盤の戦闘シーンでは、大量の米空軍無人機が侵略してきたエイリアンと戦う。あの状況なら無人機を使うのは凄く自然。しかし後半からは人類側は有人機も出している。細かい説明はないけれど、戦況が苦しくなっているのがわかる。この「使っている兵器で戦況の変化がわかる」という演出は、漫画の『最終兵器彼女』でもやってました。映像ならではの、「言葉で説明せずに絵だけで見せていく演出」って大好きです。

コピー ~ 2011062921300000
 エイリアン映画といえば、銃を撃ちにいったグアムでついでにブルーレイを何枚か買ってきました。もうすぐ日本で逆輸入公開が始まる『AVN‐エイリアンVSニンジャ』の北米版。海外進出レーベル「スシ・タイフーン」の作品。面白かったですよ! 低予算のためか森の中を走り回るシーンがちょい長めなんですが、とにかく立ち回りが工夫されています。さすがアクション指導下村勇二。エイリアンと忍者のサブミッションバトルとか、見たことも聞いたこともないシーンがてんこ盛り。スシ・タイフーンレーベルは他にも『極道兵器』や『DEADBALL』など極端な話題作が目白押し。目が離せません。

 いつも感謝のWEB拍手レスです。

> ヤングガン・カルナバル文庫版で見てます、本当におもしろいです!
 ありがとうございます。文庫版最終巻までまだまだ先は長いですが、よろしくお願いします。

> GENEZ頑張ってください。ぜひ7巻を
 頑張ります。7巻、ちゃんと出ます。
 もうすぐ情報も色々と出てくるんじゃないでしょうか。

> 「今更ながらパラベラムの最終巻をようやく読むことが……。先生の一読者として――(題を拝借しまして)『心に「物語」を、先生に「ありがとう」を』という思いです。これからも頑張ってください!追い続けます!
 こちらこそ読んでくださって感謝です。
 読者さんがいなければ、7巻まで続けることは不可能でした。

> どうも、「小説を書いている者」です。『ウェットワークス・ドーベルマン』読みましたよ。考えてみれば先生の作品に出てくる銃は割と新しめな物が多く(YGCで最も古いと思われるStg44やPPSh41ですらWWDの頃にはまだ存在しない!)今作の様な過去を舞台にした作品は探偵王女フジコシリーズ以来数年ぶり!WWDを読む直前にフジコシリーズ二作を読むことが出来たのは何かの運命を感じずにはいられません! それはそうと話は変わりますが、僕は最近『描かないマンガ家』と言う漫画にハマってます。自称漫画家のダメ人間が主人公の漫画なんですけど中々面白いですよ。でも「書かない小説家」とは呼ばれたくありませんねぇ。(もっと書かなくちゃ!) それでは、いずれまた。
 フジコとは超懐かしいですね……。書いているときは本当に色々ありました。僕は銃の趣味が凄くミーハーというか新しもの好きなので、確かにウェットワークス・ドーベルマンに登場するような銃器は描写していて逆に新鮮かもしれません。いつの時代もかわらないのはガバメントですね。それにしても「書かない小説家」ってなんだかへこむ言葉ですね(笑)。

> ジーンズで先生を知ってから大好きになりました。
 どうもです。
 GENEZ、次の巻は本当に大変なことになる予定です。

> ウェットワークス・ドーベルマン 早速読みました。男4人ってどーよ?とは最初思いましたが、Aチームと聞いて得心しましたw 個人的には読みづらくても言葉遣いは当事を意識したほうが雰囲気がもっとよくなったかなぁ?と思います。ともあれ続編……大戦前夜のあの事件や、魔都上海を舞台に汚れ仕事の番犬の活躍が見たいですねw
 歴史上の事件が「本筋」にからんでくる話も一度やってみたいんですよね。
 当時生きてた人達は大変だったと思いますが、現代人から見ると、大戦前の上海や満州国って物凄くロマンをかきたてられます。

> パラベラム最終巻読みました。追い込まれたキャラクターそれぞれの最後の選択が気になって、まさに「駆け抜けた」って感じに読みました。ある意味カルナバルと同様のせつなさが残るラストが印象的でした。
 自分はやはりラストは余韻があるものが好きなので……。
 少しでも楽しんでいただけたのなら嬉しいです。

> WWD買いました。俺大満足。YGC、パラベラムと最終巻が続いていたので、ここは是非ともシリーズ化してもらいたいですね。
 シリーズ化するかどうかは、もうちょっとお待ちを……。読んでくださった方の反応が良い感じなので、次を書く可能性は高いと思います。

> 深見サン、こんにちわ。タケです。早速ですがWWD読み終わりました! ボクは陸奥さんが気に入りました。続きも出るように応援しています。風ちゃんの活躍もあれば楽しみです!! 頑張ってください!!
 陸奥は主要キャラの中で一番書きやすいキャラクターでした。
 実在の有名人と絡むシーンは半分趣味みたいなものですし……。

> おっす、おら「狼の星座・おぶぶ」。うーん、フカミン将軍の新たなる地平線が見えましたよ。「ウエットワークス・ドーベルマン」、大変美味しくいただきました。この時代のいかにも混沌とした世相と人間が、オラ結構好きなんだよにゃあ。まさか、I大佐登場とは恐れ入りました。第二次世界大戦以前の日本は、銃器の所持に寛容な国であったようで、親が子供に成人のお祝いに拳銃を贈る事も珍しくは無かったようですね。万年筆型やステッキ型の仕込銃が普通に雑誌の広告に載っていたらしいです。でも、将軍デグチャレフはちょっと、その、アレかな、と。まあ、面白いから良いんです。少女漫画としては異色の、同時代を描いた森川久美の傑作「南京路に花吹雪」を、もう一度読み直してみようと思います。ぜひぜひ、続編をお願いいたしまする。やっぱ、トミーガンに100連弾倉、ネービールガーにスネイルマガジンとストック、BARの立射でフルオートは男のロマンだよにゃあ。ああっ、将軍マウザー・ブルームハンドルを出し忘れてますよ、やっぱり続編を書く運命なのですよ。
 作中でも触れましたが、戦前日本は本当に銃が手に入りやすかったようですね。戦後もしばらくは、そういう状況が続いていたようです。『仁義なき戦い』の広島みたいな世界です。この時代が舞台の作品には必ずモーゼルが出てくるので、僕はあえて避けていこうかなー、とか考えているところです。

> ウェットワークス・ドーベルマンサイン本船橋の書店でゲットしました
 船橋にはいつもお世話なっている書店があるんですよね。
 ありがたいことです。

> グァムへ行った時、友人が選択したP-08!何故か横から見て上半身を反らして撃っていたので、やたらとジャムらせていました。
 昔の銃は整備が大変らしいので、ジャムが多かったのは構えだけが原因じゃないかもしれませんね。

> こんばんは!shogoです!本屋三軒回ってやっとWWD買えました!今から読みます!でもなぜでしょう?人物紹介を読んだ時、柿沢のセリフが子安ボイスでしか読めません!!
 僕は声優さんをイメージしながら書くことはありませんが、言われてみればそんな感じのキャラクターかもしれません(笑)。

> 新シリーズ、アザ~ッス!楽しみにします!けど、毎回いい絵師捕まえますね~深見先生はw byアランス・スミシー
 引き受けてくださったイラストレーターさんにはいつも大感謝しつつ文を書いてます。イラストレーターさんと実際に組む前には、 担当編集者さんにずいぶんお手数かけることが多いです。

> 深見先生こんばんは。shogoです。パラべラム最終巻読みました!読みながら、本当に終わるのかと物寂しくなりました。感想なんですが、一兎のあの最後の志甫へのシーンはいかにも思春期の男が理想とするカッコつけかただなーと思いました。男として一度はやりたい名シーンです!一兎からすればあれは必然で疑いようがない選択なんでしょう。が、あれは思春期ならではの発想で、もし大人のパラべラムなら違った選択をしたんじゃないかとも思いました。10代の潔さというか潔癖さがシンクロニシティとの旅でより鋭角になったんじゃないかなと。男女でラストの一兎への感想ががらりと違うのではないでしょうか?長々と書きこんでしまいましたが、なにはともあれ最終巻までお疲れ様でした!一兎よ!お前はカッコよかったぞ!!!
 そう言っていただければ一兎も本望だと思います。 
 男女による感想の差……というは今のところあまり感じてません。
 
> パラベラムの最終巻読んだのですが、After Storyが読んでみたいとおもいました。これからもがんばってくださいね
 パラベラムの物語はあれで完結ですが、実はちょっとだけ同じ世界観で書きたい話があるんですよね。
 今はまだとてもじゃないですが時間の余裕がない……。

> genezの主人公兼吾のライバル爪兵のが書かれることはないのですか?
 このところちょっと出番が少ないので、
 次の巻こそはもっと活躍させてあげたいなー、と思っています。

> ふと文庫版YGC3巻を手にとって帯を見てみたら新作の情報が書いてあるじゃないですか!レトロな世界でガンファイトと聞いて期待してます。銃がメインの作品だとどちらかといえば近未来型の作品が多かったですもんね。ああ待ち遠しい。
 ウェットワークス・ドーベルマンですね。
 一昔前の時代を舞台にすると調べることも多くて大変なのですが、
(電気事情はどうなっていたのか、車はどんなものが走っていたのか……とか)
 それだけに書き終わった後には充実感がありました。

> ドニーの『導火線』遂に自分も見ました!後半30分が本気過ぎですよアレ。あんな風に実戦的に投げ技を用いる格闘戦って滅多に見られないから目からウロコでした。特に市場での低空タックルからバックドロップに繋げるまでを何回繰り返してみた事か・・・www
 とうとう日本語版DVD発売。めでたいです。
 しかも7月中旬、六本木で特別上映されるみたいですよ。いかねば。

> イップ・マン2部作もこれから見ていく予定です。本当に今年はドニーの年ですね
 しかも一作一作のクオリティが異常に高いんですよね。
 ドニー・イェン。
 現時点、世界最高の格闘系アクションスターかもしれません。
 対抗できるのは、トニー・ジャーかスコット・アドキンス?
 ラテン・ドラゴンとよばれるマルコ・ザロール。
 インドネシアにもイコ・ウワイスがいますね。

> MP7を両手撃ちするあの「危ない人」です。早速文庫版ヤングガンカルナバルの三巻を読ませてもらいました。今作から物語が加速していくのを実感し、早く次回作を読みたいところです!
 文庫版もあっというまに三巻ですね。
 四巻からちょっと発刊間隔が変わるのですが、よろしくお願いします。

> どうもはじめまして、高2のねこ助です。いつも先生の作品にはドキドキされています(笑)この前研修旅行で韓国に行ったのですが、塵八が日本と間違えそうになるのもよくわかりました。日本語も結構通じますし。一番良かったのが自由時間のときに明洞でワルサーP99の実弾射撃ができたことです! 反動に驚き、塵八たちが相当の訓練を積んでいることがわかりましたよ。 次の作品も楽しみにしています!!
 僕も、韓国では実弾射撃をやりました。
 それに関して、いくつかとんでもないエピソードがあるのですが……。
 長くなるので今はやめておきます(笑)
 しかし最近は高校でも研修旅行とかあるんですね。しかも海外!

> こんにちは。ふみと言います。何回か拍手送らせてもらった者です。パラベラム最終巻さっき読み終わりました。おもしろかったです。簡単な感想送ったのですが、長めの感想を送らせてもらいます。最初からずっとおもしろくても、最後が微妙だと作品自体も微妙に感じてしまったりするのですが、パラベラムは最初こそ普通の印象だったのですが、巻が進むごとにどんどんおもしろくなりました。なので最終巻を待つ間も期待が勝手に上がっていきましたが、パラベラムは読み続けて良かったです。充実した時間を送れました。ただ個人的な好みを言うと最後は一兎と志甫の具体的に幸せそうなシーンがあって締めだと嬉しかったです。十分想像はつくのですが、はっきりしてた方が煮え切らない感が残らないで私は好きです。はっきりしてればしてるほど自分の想像とかけ離れた時のダメージも大きいですが(^_^;)
とにかくあの二人には幸せになってほしいです。そしてパラベラムが良い作品であることに変わりはありません。どんどん戦闘の規模が大きくなり、いろんなキャラがお亡くなりになり、最終巻でも「○○ー!(´;ω;`)」てシーンもあり、自分の望むような最後ではないかもしれないなと、最初から覚悟して読み始めました。ですがそれも杞憂で終わり、後味の良いラストで良かったです。
(すみません、長かったのでちょっと中略で!)
先生の他の作品もぜひ読みたいと思います。お体に気をつけ、これからも作品執筆など頑張ってください。応援してます。長々と一言どころじゃなくてすいません。それではまた。

 ありがとうございます。 悩んだ末に、ああいう形での結末となりました。
 あのあと二人がどうなったのか──色々と想像していただけると僕も嬉しいです。もしかしたら、パラベラムに他作品のキャラクターが登場したように、パラベラムのキャラクターもまったく別の話にちょこっと出したりするかもしれません。

> シリアス路線で格闘技を主とした内容の小説書いてもらえませんか?シリアス路線といってもリアルさはそれほど求めません。むしろ、何かしらの捻りと共に、エフェクトばりばり使って頂いて結構です。YGC・AGC・ゴルゴダ読ませていただきました。これからも期待しております。でわ!
 せっかく自分でも格闘技を始めたので、
 それを生かして何か書きたいなー、というのはあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。