2017/01/16

2016年の映画。

2016年特に面白かった映画10本です。
1『シン・ゴジラ』
2『イップマン3』近日日本公開
3『13時間』
4『帰ってきたヒトラー』
5『ヘイトフル・エイト』
6『ハードコア・ヘンリー』近日日本公開
7『ヒメアノ~ル』
8『この世界の片隅に』
9『ズーランダー2』
10『ロブスター』

ランキング形式はただの目安です。
他にも面白い映画はたくさんありました。
『インサイダーズ/内部者たち』
『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』
『君の名は。』
『アイアムアヒーロー』
『ガルムウォーズ』
『ゴーストバスターズ』もすごく良かった。当たり年でした!
スポンサーサイト
2016/01/05

今年もよろしくお願いします。

去年(2015年)の映画ベスト10本。
1:マッドマックス 怒りのデス・ロード
2:パージ アナーキー
3:ザ・リディーマー
4:22ジャンプストリート
5:バードマン
6:セッション
7:ワイルドスピード スカイミッション
8:スター・ウォーズ フォースの覚醒
9:キングスマン
10:インサイド・ヘッド

ベスト10には入らなかったけど、韓国の囲碁バイオレンス映画『神の一手』。
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』
『ジョン・ウィック』
『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』
『ブレスト要塞大攻防戦』
といった映画も超面白かった。おすすめです。
2015/12/03

今年後半の良かった映画メモ。

『キングスマン』
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』
『ジョン・ウィック』
『ミッション・インポッシブル ローグネイション』
『インサイド・ヘッド』
『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』
『ブレスト要塞大攻防戦』
『ホドロフスキーのDUNE』
『コードネームUNCLE(アンクル)』
『ザ・パージ アナーキー』
『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』
2015/07/02

2015年上半期映画10選。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
『セッション』
『ワイルド・スピード SKYMISSION』
『22ジャンプストリート』(ブルーレイ・DVDスルー)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『ヒックとドラゴン2』(ブルーレイ・DVDスルー)
『復讐少女』(DVDスルー)
『クレイジー・ドライブ』(DVDスルー)
『クリミナル・アフェア 魔警』
『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』

*『幕が上がる』も入れたかったんですが、仕事でお世話になった本広監督の作品なのであえて外しました。
 ブルーレイは予約済みです。

2015/04/06

映画メモ。

忘れないように、観た映画などのメモ。
ツイッターより。

・僕は仕事で本広監督のお世話になったので、あんまり参考にならないかもしれませんが、それでも映画『幕が上がる』すごい面白かったですよ! 青春映画として惹きこまれたし、いち百合好きとしても見どころいっぱいでした。

・『テロ、ライブ』という韓国映画をDVDで観てぶっ飛ぶ。これすごいですよ。生放送の番組に連続爆破テロリストから電話がかかってきて、落ち目のニュースキャスターが視聴率のために犯人の相手をしていくサスペンス。まったく先が読めないし、落としどころの容赦のなさにもびっくり。

・サンフランシスコ帰りの飛行機内で『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を観ることができましたよ。この映画のテーマにはまったく共感できないけど、それなのにめちゃくちゃ面白かった! という珍しい一本。演技も脚本もカメラワークもすさまじいです。なんだこの映画恐ろしい長回しだぞ! 撮影キレまくってるぞ! ってびっくりしてたら、エンドクレジットで撮影監督が『トゥモロー・ワールド』や『ゼロ・グラビティ』エマニュエル・ルベツキだと判明して納得。映像観てるだけで超快感です。

・飛行機内で『ヒックとドラゴン2』も鑑賞。できることなら大きなスクリーンで観ればよかった! と後悔した傑作。めちゃくちゃ面白かったです。前作よりパワーアップした空中戦にくわえて、今回は怪獣映画的見せ場もある! 主人公コンビを襲う過酷な展開にハラハラしました。

・『ミュータント・タートルズ』劇場版観てきました。マイキーが「美人を見て俺の甲羅がギンギンだぜ!」といきなり下ネタを飛ばして、ああやっぱりテレビシリーズとは違うんだな、いろいろな意味でスケールアップしているんだな……と。終盤の雪山滑り落ちるカーチェイスがほんと凄かった。

・ブルーレイで『ジャージー・ボーイズ』鑑賞。同じ夢を追いかけていたはずの若者たちの友情が破綻して、それでも前に進んでいく青春音楽映画。もうとにかく後半30分くらいがものすごい盛り上がりで涙なしでは観られなかった。あのエンドクレジットはずるい。ずるいとしか言いようがないほど決まる。

・スカーレット・ヨハンソン主演の『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』観ました。ぼく好みのすごい変な映画だった……! 説明的なセリフが一切なく、ドラマ的な盛り上がりが排除された実験的作品。この映画の監督、ジョナサン・グレイザー、ミュージックビデオ時代から大好きです。

・『john wick』見終わった。すごいアクション映画を観た……! もー面白いのなんの。一刻も早く日本公開希望です。この映画のキアヌ・リーブスはもう歩いてるだけ、息をしてるだけでかっこ良い。映像特典には柔術着でトレーニングに励むキアヌの勇姿。完璧。

・ブルーレイでゲーム原作のレース映画『ニード・フォー・スピード』を観ました。車に詳しくない僕でも、超高級車がバンバン走ってるゴージャス感は伝わってきた。とにかく映像がキレイでクラッシュシーンが上手いと思ったら、これ『ネイビーシールズ』の監督さんなんですね。面白かったです。

・ちょっと前に観た映画もう一本。デビッド・フィンチャー監督『ゴーン・ガール』。出だしがちょい退屈かな、と思ってたら、中盤以降はもうずっと映画に殴られている感じ。終わったあとにはため息しか出ない。ネタバレになるから詳しく書かないけど、強烈なバイオレンスもあり。すごいですよこの映画。
 ネタバレにならない程度に『ゴーン・ガール』の話。観た人には伝わると思うんですが、あの夫婦のキスシーンから警察署でのDNA採取につながる場面転換。巧すぎて本当に鳥肌が立った。デビッド・フィンチャーなんなんだよもう! ステキ! というシーンが随所に。

・『楽園追放』観ましたよ。虚淵さんが関わった作品を僕が褒めてもステマにもなんにもなりゃしないのですが、面白かったです! 主人公アンジェラの造形が素晴らしいので、彼女に襲いかかるチンピラを本気で応援してしまいました。「そこだ! もうちょっと頑張れっ、頑張れっ、いけっ!」と。

・『大統領の執事の涙』観た。家族ドラマとして完成度が高いし、二時間ちょいの映画なのにたっぷり大河感があるし、なによりフォレスト・ウィテカーの所作が本当に美しい。百点満点の面白さ。

・BDで『それでも夜は明ける』観賞。だいたい150年くらい前までアメリカには黒人奴隷制度があったわけで(日本では新選組ができたころ)、その歴史の暗さがひしひしと伝わってくる重い映画。こういう映画って「面白かった」ですませるのは何か違う気がするけど面白かったのは違いないわけで……。

・映画『寄生獣』観賞。原作はアフターヌーン連載中からずっと読んでいたので思い出深く、正直実写版は不安だったんですが、結論から言えば杞憂でした。原作に負けないほど映像にも力があり、ホラーとしてもアクション映画としても十二分に楽しかった。もう観終わってすぐに4月の完結編が待ち遠しい。

・朝イチでデヴィッド・エアーの戦車映画『フューリー』観てきました。これは……。軍隊の野蛮さや暴力性の描き方が今までの戦争映画とはちょっと違う感じ。ああ、この戦場には行きたくないな……としみじみ思える映像だった。残酷描写も結構きつめ。

・『インターステラー』の感想。自分の周囲で評判のいい理由がわかりました。ほとんど予備知識無しで観に行って正解だった。ネタバレ避けて書きますが、僕はもう「TARS」の可愛さカッコ良さにメロメロでした。あと、ゲイリー・ネルソンの『ブラックホール』リスペクトもかなり入ってると思う。

・日本インドネシア合作映画『キラーズ』BDで観賞。おお……人には積極的におすすめしないけれど個人的には嫌いになれないスプラッタサスペンス。猟奇殺人犯・北村一輝と、常識人ながら殺人衝動に目覚めていくオカ・アンタラ、主人公ふたりの距離が徐々に縮まっていく……という僕が好きなタイプの話。

・たまたまスケジュールの問題で劇場にいけなかった『オール・ユー・ニード・イズ・キル』をブルーレイで観賞。最高に面白かった! 脚本、戦闘シーンどちらも想像以上の完成度。もうひっさしぶりに「トム・クルーズ・スマイルの完璧な使い方」を見たので幸せ。

・アーノルド・シュワルツェネッガー主演『サボタージュ』観賞。監督はデヴィッド・エアー。なんかこう、もっとシンプルな筋立てでも良かったんじゃないかな……? と思わずにはいられない話でした。銃撃戦は迫力あった。

・『エクスペンダブルズ3』観てきました。ずいぶん予算が減らされたんじゃ……とツラさがかいま見える仕上がり。それでもラストバトルの盛り上がりは凄かったです。「マッチョな男たちだが中身は小動物的に可愛い」というギャップ萌えのカタマリみたいな映画だった。

・劇場にいけなかった『ダラス・バイヤーズ・クラブ』をブルーレイで観賞。主人公のカウボーイはHIV陽性と診断され余命30日を宣告される。アメリカでは認可治療薬が少ないことを知った主人公は、未承認の薬を密輸して配るクラブを設立する……という話。面白かった!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。