2018/04/13

平成30年4月13日

huluで配信されてた新格闘技イベント『QUINTET』観ました。打撃禁止、カニ挟みスラムスパイキングジャンピングクローズドガード禁止。つまり「本当に上手い人でないと勝てない」完全なグラップリング大会。しかも5VS5の団体戦。僕みたいな寝技大好き人間からすればものすごく魅力的な大会です。
これ、引き分けも多くて、パスガードの上手さとかで興奮できるタイプでない限り試合が地味に見えちゃうかもしれない。でも、QUINTETのルールは、選手への蓄積ダメージのこともよく考慮していて、流行ればいいなあと思う。自分も観客としてトシをとったのか、格闘技の試合に過剰な過激さが持ち込まれるのが苦手になってしまいました。寝技は知的で美しいと思います。QUINTET参加選手は、雰囲気がどこか紳士的で落ち着いている。次の大会が早くも楽しみです。直接観戦したい。


映画『女神の見えざる手』観ました。「銃規制法案をめぐる政治ロビイストの暗躍」という難しい題材を、スリリングでテンポのいい娯楽作に仕上げていて、観終わったあとものすごく得した気分になりました。面白いうえに、なんだか頭がよくなった感じもする!

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』シリーズものだけど前作観てなくて全然OKという、楽しくて派手な娯楽大作。ドウェイン・ジョンソンは何をやっても面白くてズルい。あと、自撮り大好き女子が思いの外いいキャラだった。見た目はジャック・ブラックでもどんどん可愛く見えてくる。

『リメンバー・ミー』凄かった。本当によくできてた泣けました。満員の劇場のあちこちからすすり泣きが聞こえた。今までのピクサーアニメで一番好きです。あと同時上映だったアナ雪の短編も、長すぎ退屈でひどいという噂を聞いた上でちゃんと覚悟を決めてから観に行ったおかげか全然楽しめました!

『ボス・ベイビー』めちゃくちゃ面白かった! どんなコメディかと思っていたら、まさかのスパイアクション。カーチェイスもあるし敵の秘密施設に潜入! みたいな展開も。オープニングの赤ちゃんベルトコンベアが、輪るピングドラムの子どもブロイラーみたいでちょっとだけ怖かった。

『リメンバー・ミー』『ボス・ベイビー』と観てきて、最近のハリウッド製CGアニメの脚本・構成力の強さにはほんとびっくりします。伏線の回収、泣かせどころ、キャラクターの成長、悪との対決……といった要素を、ラスト20分くらいにぎゅっと凝縮する精度がものすごく高い。

あと『ゲット・アウト』ようやく観ました。恋人の両親に挨拶に向かった黒人青年が、田舎の豪邸でとんでもない恐怖を体験することになるサスペンスホラー。これは怖い! 面白かった! 主人公のボンクラな友人がすごく良かった。めちゃくちゃ好みのタイプのホラー映画です。

『忍びの国』『関ヶ原』と、立て続けに二本時代劇映画をブルーレイで鑑賞。どっちもアクションかっこ良くて面白かった……! 石田三成にあんまり戦場の最前線で活躍するイメージがなかったんですが、岡田准一が演じた結果武勇増量流血大サービス! という感じで素晴らしいと思います。
『忍びの国』はコメディタッチの演出が好き嫌いわかれそうだなー、と思ったんですが、大野智VS鈴木亮平のラストバトルがすごかった! アクション好きな人は、あのバトルだけでも見て損はしないと思います。鈴木亮平は本当にカッコイイな!

こっから少し読書の話題。
トゥームレイダーのゲームやってたら、とにかく雪山が舞台のアクションが欲しくなって、この前久しぶりにボブ・ラングレーの『北壁の死闘』を読み返しました。僕の北壁の死闘はかなり昔から繰り返し読んでるのでだいぶボロボロです。第二次大戦中、精鋭のクライマーばかり集まったドイツの特殊チームが、神々の山嶺アイガー北壁を舞台に凄まじい戦いを演じる軍事冒険小説。まだ読んでない人は読もう!

大好きな作家、ドン・ウィンズロウの新刊『ダ・フォース』を打ち合わせに向かう電車内で読んでたら、乗り過ごしてとんでもないとこに行きそうになりました。帯にはキングの推薦文「ゴッドファーザーのような警察小説」 もう困るくらい面白すぎてヘロヘロになる。『ダ・フォース』より一文引用。
「おれの墓石にはきっとこう彫られるだろう。『デニー・マローン、彼はいつも仕事をしていた』」 
読んだ瞬間「うううー」とうめいてしまいました。心当たりがありすぎて……。僕の墓石にもたぶんそんな感じのことが彫られるだろう。

面白かった本。ジェイコブFフィールド著『戦争と演説』
アレクサンドロス大王からレーガン大統領まで。歴史的な有名な「演説」を集めた、着眼点は面白い一冊。当たり前の話ですが、歴史の偉人はみんな演説が上手い! 個人的にはスペインとの決戦に挑む際のエリザベス一世の演説がぐっと来ました。

モリー・グプティル・マニング著『戦地の図書館 海を越えた一億四千万冊』
第二次世界大戦中、ナチスドイツの焚書に対して全米で盛り上がった国家防衛図書運動、戦勝図書運動を追いかけたノンフィクション。兵隊文庫や戦場で読むための特別な雑誌の描写が超面白かったです。

『屍人荘の殺人』読みましたよ。これは話題になるのもわかる! なるべく情報仕入れずに読んだほうがいいぶっ飛んだ本格ミステリです。ミステリサスペンスの層だけでなく、ホラー映画好きにも必ず響くアクロバティックな一冊。
スポンサーサイト
2018/02/01

もう1月終わっちゃった。

最近の仕事の話です。
スマートフォンのゲーム。
『D×2 真・女神転生 リベレーション』配信開始です。
自分はメインシナリオ担当しました。興味があるかたはぜひぜひ。

打ち合わせの合間に空いた時間を使って『バーフバリ2 王の凱旋』観ました。
気が早いと言われるかもしれませんが、もう今年、これより面白い映画に出会う気がしません。
2018年ベストです。ひたすらバーフバリを讃えたい至福の時間。応援上映とかあったら行きたい……! 


仕事中はずーっとネトフリで米TVアニメ『リック&モーティ』をつけっぱなしにしてます。
狂った天才科学者のリックとその孫モーティのキツすぎるSF冒険コメディ。
僕がモーティの立場だったら、どのエピソードに放り込まれても発狂する自信があります。
2018/01/01

2018

新年明けましておめでとうございます。
自分が生きていけるのも、
仕事仲間、友人たち、家族、
そして読者様、視聴者様のおかげです。
これからもよろしくお願いいたします。

それはさておき、昨年、2017年で特に印象深かった映画ベスト10本です。

『ドラゴン×マッハ!』
(カンフー映画版『君の名は。』と言っていい感動超大作)
『トリプルX 再起動』
(ドニー・イェンとルビー・ローズが最高だった。 去年はルビー・ローズの当たり年でした)
『アトミック・ブロンド』
(シャーリーズ・セロンのスパイアクション映画。姉貴! と叫びたくなる)
『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』
(国産アクション映画のある意味到達点)
『ベイビードライバー』
(ミュージカル風カーチェイスという唯一無二の存在)
『ベイウォッチ』
(DVDスルーなのが惜しいコメディ感動作。超傑作)
『新感染 ファイナル・エクスプレス』
(ゾンビ映画の新機軸。最後は大泣きしました)
『ローガン』
(こういうXMEN映画が観たかった!)
『アシュラ』
(韓国映画「らしさ」が爆発した暗黒バイオレンス)
『ザ・コンサルタント』
(一風変わった殺し屋アクション)

上の10本は混ぜませんでしたが、
僕が脚本やらせてもらった『バイオハザード:ヴェンデッタ』も去年の映画です!
とてもヒットしたとのことで、ありがとうございました。
2017/06/18

最近のTwitterまとめ。2017/06/18

最近のTwitterまとめです。時系列も整ってませんが。とりあえず。

ちょっと前に『ローガン』観ました! ようやく! 念願の、敵をバラバラにするウルヴァリン! 血しぶきと肉片が飛び交うX‐MENをぼくは心の何処かでずっと待ち望んでいたんだな……と、大満足の満面の笑みで劇場から出ました。あと、あの子役の女の子すごいですね。目の演技。R指定バージョンのウルヴァリンさんが、悪い奴らを(いろいろな方法で)バラバラに殺す映画を八時間くらい観ていたいです。

あと『メッセージ』も観ました。これも面白かった……。水やコンピュータウィルスで全滅するような間抜けな(それでいて武闘派な)宇宙人も大好きなんですが、たまにはこういう「ちゃんと考えてる」宇宙人も出てこないといけないなー、という気はします。

今季はすごく楽しいドラマが二本もあって超嬉しいです。フジの『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』とテレ東の『コードネームミラージュ』。奇しくも両者公安警察もので、気合の入ったアクションが盛り沢山。『コードネーム:ミラージュ』のエピソード11すごかったですよ! アクションものが好きなら要チェックの回となってました。たぶん来週もすごそう。主人公と黒幕の、宿命の対決が徐々に近づいてくるこの感じ……めちゃくちゃ気になります。

ある打ち合わせの最中に「今年はアジア映画異常事態だ!」と熱弁を振るってきました。最近見ただけでも『ドラゴン×マッハ!』『アシュラ』『ヘッドショット』『コクソン』と、とんでもないラインナップです。これからさらに『イップ・マン3』『コール・オブ・ヒーローズ』と続きます。
イコ・ウワイスのシラットアクション映画『ヘッドショット』のブルーレイ買ったんですが、その翌日にネットフリックスで配信が始まったりするとさすがにびっくりします。いや、いいけど! ディスク買うのはそれ自体が楽しみなんで問題はないです。ただ、モノによっては本当に早いなー、と。
『ヘッドショット』は、アクション一辺倒だと思われてたイコ・ウワイスがものすごく繊細な芝居に挑戦してるのが個人的な見どころです。軍用犬の哀しい実直さ、みたいなものが目線一つできれいに表現できてて劇場でドキドキしてた。

もう香港版ブルーレイで繰り返し観たんですが、それでもめでたく日本公開されたので『イップ・マン 継承』を劇場で観賞。個人的にシリーズ最高傑作です。進化し続けるカンフー映画の新たな名作。イップマンとバイオハザードヴェンデッタの音楽がどちらも川井憲次さんってすごくないですか。すごいよ!

ドラゴンボールだったりシティハンターだったり憧れの物語世界に転生するタイプの話、あれすごくいいと思う! 自分だったら、香港映画の世界に転生して、チョウ・ユンファ演じる殺し屋の弟分になりたいです。「俺はアニキみてえな大物になりてえんだ!」とかいって最後はもろとも蜂の巣にされるやつ。
香港映画転生。チョウ・ユンファ演じる殺し屋マークの弟分に生まれ変わって。こっちは転生前の知識を生かして、なんとかマークを助けようとするんですよ。でも結局ホーとキットを助けるためにマークが死んじゃう。ループを繰り返しても、結局マークは最高にカッコイイ死に様を見せちゃう。何をやっても死んじゃうマークのために、とうとう正直に事情を話しちゃうんですよ。でもマークは笑って「悪いな。人間には、義理のために死ななきゃいけないときがあるんだよ」って。また撃たれて、僕は現実世界に戻ってきて「何も変えられなかったけど、アニキは最高にかっこよかった」

いま仕事の合間に読んでるのが『銃と戦闘の歴史図鑑 1914-現在』 過去百年間の主要な戦場と局地戦を、使用された銃火器の解説を中心に網羅した一冊。読み応えがあるし、資料写真や図版もたっぷり。眺めてるだけで超癒される!


ベン・アフレックの『ザ・コンサルタント』をようやくBDで観賞。劇中三回はがっつり泣かされました。高機能自閉症の会計士、その裏の顔は殺しのエキスパートという、超変化球のアクションサスペンス。これは凄い。よくこんなキャラクター思いつくもんだと感動しました。面白かった!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』観てきましたよ。面白い! 上手い! 悲しい! 相変わらず音楽と会話のセンスが超一級品ですね。ただ、ソヴリンの人たちあんまり悪いことしてないのにものすごい被害でかわいそう……ってそこだけ引っかかった。でもそんなのは細かいことです。

5月20日公開の映画『夜に生きる』を一足早く観ることができました。面白かった! 禁酒法時代のマイアミギャングもの。後半の銃撃戦激しいですよ。主役ベン・アフレックの相棒を演じたクリス・メッシーナがすごくよかった。公開後、クリス演じるディオンかっちょええという感想があふれると予想。『ザ・コンサルタント』といい、ベン・アフレックの安定感抜群すぎます。最高かよ!

ようやく字幕版で『SING シング』観ました。登場キャラクターみんなを好きになっちゃう、しみじみいい話だった……! ロンドンの下町出身のゴリラ、ジョニーがいちばん好き。あと主人公の親友エディがいいヤツすぎるので必見。

今アマゾンプライムビデオで久しぶりに『FLAG』を観てるんですがこれやっぱりすごいですよ。従軍カメラマンが主人公で、紛争国で国連軍特殊部隊の作戦を取材し続けるという唯一無二のロボットアニメ。なんとなくオススメに入っててびっくりしました。全話配信中です!

海外ドラマ『ウエスト・ワールド』すごくよくできていてすごい。これオンラインゲームやオープンワールドが好きな人は絶対ハマると思う。「ホスト」と呼ばれる精巧なアンドロイドたちが客をもてなす超巨大西部劇テーマパーク。しかし、ホストたちの間で不気味なバグが進行し……やがて事件が、という。他にターセム版オズの魔法使い『エメラルドシティ』や、連続ドラマ版『リーサル・ウェポン』もいい感じ。あと、ネットフリックスでやってるアニメ『リック・アンド・モーティ』超ヤバイと思う。

仕事の資料以外も読まないと心が弱るので……少し前にタイトル買いしたハヤカワ文庫『殺し屋を殺せ』(クリス・ホルム著)を読了。特殊部隊で作戦中に死んだはずの主人公が、ある理由から殺し屋を殺す専門の殺し屋になる。殺し屋の殺し屋である主人公を狙って、さらに殺し屋が現れて……。面白かった!

『キングコング 髑髏島の巨神』観てきました。髑髏島は今日もドッタンバッタン大騒ぎ。噂通り超面白かったです! 劇場から出てきたとき、思わず「フメイヨヨリ、シヲ……(不名誉より死を)」と独りでつぶやいていました。まさかオープニングがああでコングの武器があれでとにかくすごい。エンドクレジット後のおまけ映像がかっこよすぎて劇場で腰が抜けそうになりました。あれは高まりますよ。あと、ブルーレイが出たら30分くらい長いディレクターズカットになってそうだなー、と思いました。特に前半。

スコット・アドキンスの新作Eliminatorsが、WOWOWで『ゲットバック 人質奪還』という放題で先行放送されてました。これ、最近のアドキンスもので一番のアタリだったかも。しんみりした名シーンの多い超絶格闘アクション。
僕はもう勝手にヴァンダムの後継者はスコット・アドキンスだと思ってたんですが、新作格闘映画『キックボクサー リジェネレーション』を観たら、主演のアラン・ムウシーが実に良いヴァンダミングっぷりで楽しかったです。スタントマン出身で超身体能力を誇るアラン、人気出るといいなあ。

映画『ソーセージ・パーティー』をDVDで観ました。これすごかった! 見た目と基本の筋だけはピクサーアニメみたいな感じですが、始まったらもうあとはマシンガンのような下ネタと残酷シーンの嵐。観る人を選ぶ超傑作。
『ソーセージ・パーティー』は、スーパーマーケットの商品たちが主人公。お客様は神様で、スーパーの外は天国だと信じている。主人公たちは、自分たちが食われるために生まれた商品だとまったくわかってない! 「神様」に食われるのなんて嫌だ! と主役のソーセージが奮闘する。面白かったんですけれども、スーパーの加工食品にまで人格や意識を与え始めたらキリがないなあとはちょっとだけ思いました。この映画のスタッフはたぶん狙ってそれをやっていて、そのため「人間」の扱いが非常に悪趣味。悪趣味とブラックユーモアの映画。

最近立て続けに柳澤健の本を読了。『1964年のジャイアント馬場』『1976年のアントニオ猪木』『1984年のUWF』 どれもプロレス業界ノンフィクションで、面白かったです。プロレスのいい話やウラ話というより、組織の潰し合いやレスラーたちグループの離合集散のさまはまるで歴史小説。
最近読んだ三冊のなかだと『1964年のジャイアント馬場』が個人的には一番気に入りました。僕が物心がついた頃にはすでに馬場は50代。正直あんまり好きなプロレスラーじゃなかったんですが、それはつまり全盛期を知らなかったせいなんだな、と。最後のほうはもうずっと泣きながら読んでました。
『1964年のジャイアント馬場』のなかで一番グッときたのは、「ジャンボ鶴田はすべてを持ち合わせたレスラーだが、ただ一つ足りないのは『悲壮感』だ。馬場はそう感じていた」という一文。プロレスを追っかけてると、稀にこういう人生の精髄を感じさせるような名文に出会う。

映画『トリプルX:再起動』観ました。正直『バッドボーイズ2バッド』クラスの衝撃作だった。久しぶりに映画館で「生きていてよかった」と思いました。生きていてよかった。トリプルX:再起動がある世界に生まれてよかった。
『トリプルX:再起動』はドニー・イェンやトニー・ジャーといったアジア系俳優が大活躍して、セクシャルマイノリティのキャラクターがいて、主人公は筋金入りの反体制派。様々な要因が重なって生まれた「政治的に正しい底抜けアクション大作」という奇跡。こういう映画、もっと増えてくださいな!

ずっと観てきた海外ドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』がとうとう最終話になってしまった。大好きなシリーズのラストは本当にツラい……。主人公たちがやってきたことは一見海に小石を投げるような行為だったけれども、決してムダではなかった……というファイナルシーズン。すごく良かった。
『パーソン・オブ・インタレスト』は、アクション満載で拷問や殺人もたくさんあって、基本的には殺伐としたドラマなんですが、全体を貫く優しさとユーモアが特別でした。製作者は、この世界で生きているひと、一人一人を丁寧に見つめるような優しい視点をずっーっと意識していたような気がします。
2017/01/01

平成29年1月1日

新年あけましておめでとうございます。
昨年は読者様、そしてたくさんのお仕事関係者の皆様にお世話になりました。
ありがとうございました。
今年も色々な分野で仕事します! これからもよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。