FC2ブログ
2019/04/23

たぶん平成最後のブログ更新。

ブログ更新めちゃくちゃ久しぶりです。
仕事は忙しいし腕の骨は折るしで大変だったんですよ!
その間に舞台PSYCHO-PASSも始まったり(好評のようでありがとうございます)、
魔法少女特殊戦あすかのBDDVDも発売されたりします。
よろしくおねがいします!


ここから先は日記です。
Twitterで書いたことをまとめていきます。

■映画・海外ドラマ関係の話題
ネットフリックス『リベンジャー 無敵の復讐心』
ものすごい。低予算アクション映画のお手本みたいな素晴らしい内容だった。
ラスボス戦が迫力満点なのはもちろん、中ボス戦の配置が上手くてダレずに楽しい。

ネトフリ『パニッシャー』シーズン2
素晴らしすぎる……。13話で『グロリア』やって『要塞警察』やって『ヒート』もやるという、ものすごく贅沢なやつです。
主演ジョン・バーンサルを吹き替えた坂詰貴之の、地獄の底から響いてくるような野太い咆哮がたまらなく好き。

DVD『皆殺しの掟』
カンフーアクションです。面白かった。かなりの低予算映画ながらも、身体能力の高い俳優さんたちが頑張っているやつ。
殴って防いで殴り返して……というワンカットの手数が多いバトルが続くので、そういうのが好きな人にオススメです。

バティスタ主演『ブッシュウィック 武装都市』
長回し好き必見の陰鬱なアクション映画。アクションにスタイリッシュさはなくリアリティと緊迫感重視。
テーマはズバリ「アメリカの分断」です。面白かった!

ネトフリのゾンビハザード韓国時代劇『キングダム』
噂になってたので観たんですが確かにこれはすごい……。
序盤から、容赦のなさ、先が気になる度合いがトップスピードです。

『VIP 修羅の獣たち』
「救いのない映画を観て嫌な気分になりたいな~、完全にアウトな正真正銘のクズの悪役を観たいな~、それでいてカッコイイシーンもあればいいな~」という気分の人にこの映画をオススメです。ちょっとキツすぎる暴力描写に度肝を抜かれました。

『アクアマン』
噂通りのとんでもないアクション映画です……!
肉弾戦ありパルクールあり特殊能力バトルもあって海底大戦争で怪獣モノの要素まであって、それだけ詰め込んで散漫な感じもしない。すごい。悪役ブラックマンタにはいつ主人公になってもいいような風格があった。

BD『サーチ』
父親が、行方不明になった娘を探す……てな感じでお話はわりとシンプルなのですが、見せ方がすごい。
すでにかなり話題になった「物語すべてがパソコンの画面上で進んでいく」というヤツ。
演出が斬新で脚本の完成度も高い。始まってから五分くらいでもう泣いてました。

『スパイダーマン:スパイダーバース』観ました。なんだこれすごい。すごい! ちょっと衝撃的な映像美。アニメ好きほど受けるショックはでかいと思うんですがいかがでしょうか。一人の少年の成長物語として脚本も素晴らしい。おおお。日本語吹き替え版で凛として時雨も聴けて大満足。

カンフー映画『イップ・マン外伝 マスターZ』
新宿武蔵野館には詠春拳の木人樁まで飾ってある気合の入れよう。
映画を観たあとは「俺の家にも一刻も早く木人樁を設置しないとヤバい!」ってな感じでどっぷりカンフーに洗脳されてしまった。
序盤ですぐに「あ! これ主人公が本当の本気を出した瞬間僕が泣くやつだ……」と気づき、そしてクライマックスで期待した通りの展開が、期待以上の熱量で大爆発して観客席で死ぬかと思った。そんな映画です。

最近仕事しながらネトフリの短編アニメシリーズ『ラブ、デス+ロボット』を観てるんですがこれとんでもないですよ。ものすごく豊富なバリエーションの「アニメ」が堪能できます。暴力描写も性愛描写も尖ってる。

少し前に『バンブルビー』観ました。いい話だったしアクションもカッコ良かった……。マイケル・ベイ大好きな僕でも、ダークサイド・ムーン以降の映画TFシリーズはちょっと擁護が難しい感じだったので、今回の監督交代は大成功だったと思います。

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』
ニコラス・ケイジ主演の復讐アクション。悪夢的というか誰かの悪夢そのもののような、おどろおどろしい映画です。主人公がいきなりものすごく変な武器を自作するのが特に面白かった。

そういえばBDが出たので『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』見返しました。理由はわかんないけど劇場で観たときより楽しかった。乾ききった空気の殺伐とした映画なんですが、ベニチオ・デル・トロが手話使うくだり、本当に情感たっぷりの良いシーンになっててあそこが一番好き。

ちょっと前に『ハロウィン』の最新作観ましたよ! 初代ハロウィンは、個人的にホラー映画のオールタイムベスト3に入るほど大好き。で、今回の新作、偉大なオリジナルの魂を完全に継承した傑作に仕上がってました。ジェイミー・リー・カーティスのカッコよさにシビれっぱなしだった。

『狂獣 欲望の海域』 レンタルで観たらあまりに面白かったので、速攻でDVDも買ってしまいました。ドラゴン×マッハやイップ・マンで爆発的にファンを増やしたマックス・チャン主演作。あの線が細い美形が、今回はノンストップ暴力刑事を演じる! カンフーアクションも物語もすごく良かったです。

映画『ハンターキラー 潜航せよ』観ました。あるとんでもない救出作戦を、潜水艦と特殊部隊両面から描くアクション映画。ドンパチがあればそれでいいや的な映画と思ってたんですが、すごく真摯なテーマを抱えた爽やかな後味。最近のジェラルド・バトラー出演作だと一番かっこいい。
大好きな潜水艦漫画の金字塔『沈黙の艦隊』で、主人公海江田が「ここから先は『人間を信じる』という最も困難な戦いだ」という感じのカッコイイセリフを言うのですが、この映画も実は同じテーマを背負っていると思います。

■読んだ本
そういえば最近忙しくて読んだ本とか全然書いてなかった。『すごく科学的 SF映画で最新科学がわかる本』『人質の経済学』『逆境だらけの人類史』『プロジェクト・オブ・スカンクワークス ロッキード・マーティン先進開発プログラムの75年』……こういった本を読んでいました。

ナオミ・オルダーマン著『パワー』読了。これ面白かった。なぜか女性だけに特殊能力が芽生え始めて、世界全体が変わりだす……というジェンダーSF小説。SFって書いちゃったけど、疑似歴史小説のようなギミックもあってひねりがきいてます。読んだあともずっと心に残りそうな一冊。

最近読んで面白かった本『感情とはそもそも何なのか 現代科学で読み解く感情のしくみと障害』 めちゃくちゃ内容難しかったけど、やっぱり知りたいじゃないですか、感情とは何か。

吉上亮著『泥の銃弾』(新潮文庫)上下巻読了しました! 都知事狙撃事件をきっかけに、男たちのクソデカい感情がこじれにこじれて血まみれの殺戮劇を招くポリティカルサスペンス。これは、まさに「今、読むべき」小説です。来年よりも「今」です。今すぐ読みましょう。すごいですよ! がっつり移民、難民のことをテーマにしていて読み応えがあったんですが、その文脈で「労働力を求めたら、やってきたのは人間だった」という引用文があってドキドキしました。そういう意味でも現在進行系の小説だと思います。

最近読んだ漫画はムルシエラゴやオトメの帝国の最新刊とか。どっちも長期連載なのに全然テンション落ちてなくてすごいなあ……と。あと嵩乃朔先生の吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん。最終巻お疲れ様でした。感動の最終回でした!

今読んでる本『DARPA秘史 世界を変えた「戦争の発明家たち」の光と闇』 DARPAとはアメリカの「国防高等研究計画局」のこと。最先端軍事技術がどうやって生まれてきたかを解説する一冊。組織内の描写も詳しく、具体的にはどんなところかあやふやな点が多かったので資料的にとても助かります。
2019/01/06

2019

1532083560944.jpg
『魔法少女特殊戦あすか』TVアニメは2019年1月11日から
MBS・TBS・CBC・BS-TBS “アニメイズム”枠ほかにて放送開始!
推奨ハッシュタグ #特殊戦あすか
PP_3poster_fixw_640_hq.jpg
『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』
2019年1月25日(金)より連続公開!ハッシュタグは「#pp_anime」。
uus3pAOTbLgZ28Y40itGNcWSggMwilLaUxseg3ZdHENFreG5pWuYW3SX2JBvaXGw.jpg
『revisions リヴィジョンズ』2019年1月9日より
フジテレビ「+Ultra」&NETFLIXにて全世界独占配信!
推奨ハッシュタグ:#リヴィジョンズ
2018/12/31

2018年最後の更新

今年見た映画の話題で締めということで。

■2018年ベスト映画『シャドーオブナイト』
狂った傑作がネットフリックスからやってきた!
ヘッドショットの監督に、ザ・レイド組の俳優たち。もう本当に狂った映画なので僕は大好きです。
激痛残酷描写の満漢全席。ホステル2くらい一生大切にしていきたい一本。
あとこの映画はヒロインがとてもいいです。ハンマーガールことジュリー・エステル。
実質主人公より強い謎の女工作員をクレイジーなスタント満載で熱演。
このキャラクター主人公の続編を観たい!

■ここからは印象的だった映画全部で
■『スカイライン 奪還』
マジで「エイリアンVSシラット」をやってしまった、シャドーオブナイトに次ぐ狂った傑作。
戸惑いを隠さない押井守監督の推薦コメントも最高でした。インドネシアは宝の山だった。

■『バーフバリ2 王の凱旋』
こんな豊作でなければ間違いなく2018年間ベスト確定の傑作。

■『オペレーション・レッドシー』
銃撃戦番長ダンテ・ラム監督の『紅海行動 Operation Red Sea』
最近この手の映画でお約束の中国軍全面協力。
砲煙弾雨とはまさにこのこと。お腹いっぱいになってもさらに弾丸と血飛沫のおかわりで攻めてくる。
僕のベストシーンは顔面が半分砕けた状態で戦い続けるあの兵士です。冗談抜きで夢に出てきました。

■『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
今からおよそ40年前。全米テニス協会が発表した女子の優勝賞金は男子の八分の一。
それに反発した女子トップ選手ビリー・ジーンが、自ら差別主義者を名乗る男子選手ボビー・リッグスと戦うことになる実話もの。
主人公ビリー・ジーン(エマ・ストーン)と戦うボビー・リッグスを演じるのはスティーヴ・カレル。
お調子者でギャンブル狂で差別主義者のキャラクターを実に生き生きと演じていて、そのおかげですごく後味のいい映画に仕上がってます。

■『スリービルボード』
エンドクレジットに入る前の、最後の会話シーンの素晴らしさ。悲しみもおかしさも優しさも狂気もすべて詰まっている。バーフバリ2と同じく、こんな豊作の年でなければ年間ベスト。

■『名もなき野良犬の輪舞』
すごいもの観てしまった。主演ソル・ギョングとイム・シワン。男二人の犯罪愛憎劇。
すさまじい緊迫感に、死ぬほどカッコイイ男たち。アクションも満載。
まったく先の読めない展開の連続。友情と裏切りと絆の臨界点。

■『人狼』
実写版『人狼』日本ではネットフリックス配信。まさかのケルベロス韓国で映画化。
プロテクトギアは、ちゃんと作っておけば「ただ立ってるだけでも必ず画になる」映画的反則技とも言える装置なので、この手のジャンルが嫌いでなければ必見の作品に仕上がってます。
訓練教官を演じたチョン・ウソン最高でした!

■『イコライザー2』 
映画が始まって五分くらいでもう泣いてました。
街の人々を一人ひとり見守るような優しさと、一瞬で相手の動脈をえぐる圧倒的な暴力が同居する、不思議な癒し系感動アクション映画。
いそうでいなかった、こんなスーパーヒーローが観たかった……!

■『散り椿』
岡田准一、西島秀俊という、二大超好きな俳優が出ているので見逃すわけにはいかんかったのです。
丁寧で端正な時代劇映画で、お話は「戦闘マシン、故郷に帰る」的な。
カリや柔術やってる岡田准一は、剣術をやっても本当にかっこ良かった……!
血まみれの殺陣にゾクゾクしました。

■『ブリグズビー・ベア』
本当に僕好みの映画というか……。
フィクションを作りたい人、作ってる人にはかなり高い確率で突き刺さる内容だと思います。
あの俳優志望の刑事がらみのシーンは思い出すだけで泣きそう。なるべく前情報なしで観るといいかもです。
2018/11/26

もうすぐ。




TVアニメ来年放送開始、魔法少女特殊戦あすか9巻。

ライター×ライターの2巻も出ます。よろしくお願いいたします。
2018/07/20

みなさまのおかげです。

月刊ビッグガンガン連載中『魔法少女特殊戦あすか』
めでたくTVアニメ化発表となりました。
詳しくはこちらのPVをご覧ください。

漫画担当刻夜セイゴ様、軍事設定協力田村尚也様。いつもありがとうございます!
編集者さんデザイナーさん営業部のみなさまなどなど、すべてはチームワークの賜物です。
そして何より読者のみなさま、いままで単行本を買ってくださったみなさま……!
本当に感謝です。
少しでも面白いものを生み出せるよう精進しますので、これからもよろしくお願いいたします。

そしてアニメ版!
監督山本秀世様、海法紀光様・深見真共同シリーズ構成。
制作ライデンフィルム。主人公あすか役洲崎綾様。
大勢のスタッフさんが一丸となって鋭意製作中です。ご期待ください!


『魔法少女特殊戦あすか』第8巻! 7月25日発売。
ウクライナ編クライマックス! これからさらに色々と盛り上がっていきます!